スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛は手作りだ!・・・多分(^^ゞ

昨日今日となんだか寒気が止まらないんですが、これは風邪なんでしょうか
皆さまはお元気にお過ごしですか?

さて、今日からまた時を遡って、2003年頃のアーニャとの日々を綴ってみたいと思います。
プププッ・・・と笑いながら、あきれ果てながら、お楽しみいただければ幸いです

お外猫から家猫になったアーニャに買ってあげたいものはいろいろありましたが
やはり基本ラインとして外せないものと言えば「首輪」でした。
近所のペットショップで物色したのですが、いまいちアーニャに似合いそうなものが無い
でも万が一の脱走などに備えて、とりあえず初めて買った首輪がこちらです。
sihankubiwa.jpg
今見るとデザインは悪くは無いのですが、とにかく硬いのが気になりました。

で、考えたバカ親misatoさん。柄にも無く挑戦したんですよ~
あにゃ姫に捧げる愛の手作り大作戦に・・・
はじめにキッパリと言い切りますが、お裁縫は大の苦手です
出来ないくせにイメージだけは可愛いものが沸きあがるので困っちゃうー
非常な苦労をして仕上がった作品がこちらです。
tedukurikubiwa1.jpg
首への当たりが柔らかいように、明るいオレンジのフェルト地を使用しました。
そこにクリスマス(=アーニャの)にちなんだ赤と緑のクロスステッチ
首元には刺繍りぼんを結んだりして・・・。なかなかの力作(だと自分的にはご満悦でした)

そしていい気になって再び作ったのが、こちらです!
tedukurikubiwa2.jpg
どういうことでしょうか?自力で作った割にはやたらと凝っているんです
編んだ皮素材の紐にビーズや迷子防止の鈴がご丁寧に2つも組み込まれ、
端のビーズを輪の中に通した後は、サイズ調整まで出来るようになっています
うーん、やっぱり愛の力って大きいんですかね~
でも、無念なことに当時は我が家にデジカメが無かったため、
どうやら一枚も着用した写真を撮っていないらしいんです
・・・あ!ちがった。確かあまりの鈴の音のうるささに、
アーニャはもとより私も嫌気が差して、早々に使うのをやめたんでした~
仕方ないので、今回のお写真では遠めに2011年のあにゃ様にご登場願いましたよ
tedukurikubiwa3.jpg

そうそう。当時の私は「愛は手作りだと信じて疑いませんでしたので
首輪だけにとどまらず、「キャットタワー」も手作りしたんです
と言っても、日曜大工で作ったわけじゃ無いんです。
有り物を利用して作った、かなりお粗末なレベルのその作品とは・・・
アーニャの背後に写るコレです、コレ!
tedukuritawa-.jpg
全体像が写った写真が無かったのですが、使っていない椅子に脚立(!)を組み合わせ、
脚立の中段に爪とぎを縛りつけ、かくれんぼに使えるようハンカチを垂らし・・・
おもちゃのねずみを結びつけたものでした
いやー・・・、改めて書いてみると貧乏臭いことこの上も無い見栄えですね。
ごめんよ、あにゃちゃん
sonnnakotomo.jpg
あ「♪そんな~時代も~あ~ったねとぉ~♪・・・良いってことよ、愛の成せる結果ですもの

この他にも、とにかくあれやこれやと手作りしたがったのが2003年ですね~。
麻の爪とぎが好きだと知れば、麻袋をホームセンターで買ってきて、
はさみでカットし、段ボールを重ねたものを包んで手作り麻爪とぎを作ったりもしました
・・・そして時が経ち、ママは、世の中には『愛だけがたっぷり』の手作り品よりも、
ずっと使い易く見栄えの良い素晴らしい市販品が溢れていることに気が付いていくのでした
でもね、やっぱりどんなにヘタクソでも、使用感が悪くても
愛猫のために作った首輪は捨てられません~。大事な大事な宝物です

手作り・・・それは愛!愛・・・それは手作り!
そんな妙な思い込みに満ちた楽しい日々は続きます。
また次回もお楽しみに~
次回はどんな話になるのでしょうか?私も記憶を遡らないとわかりませーん


あなたの大切な愛犬愛猫さんの気持ちをきいてみませんか?

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。現在キャンペーン実施中♪
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

今日も読んでいただきありがとうございます!応援よろしくですクリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初めてのお正月、初めてのシャーッ!

今日は風が強くて寒さが身に沁みましたね~

さて、このところ調子良く更新している気がします
今年はできるだけこの『調子良く』が長続きしますように・・・(笑)

現在 2011年のお正月ネタ をお読みいただいていますが、ちょうど良いタイミングなので、
本日はアーニャが我が家に来てから初めてのお正月のことを書いてみます。

2002年にmisato家に入城したあにゃ姫。
2003年、初のお正月は新年2日目くらいにパパとママの親戚の家に泊まりに行きました。
もちろんアーニャが行きたいと言ったわけではなく、パパとママのアーニャへの愛が
「正月から留守番させるなんて可哀想だから連れて行こう!」と言う結論になっただけです。
これまでの経験で、ドライブ自体は嫌がらないことがわかっていたので、
出来るだけ道路が混まない時間帯を選んで、長距離ドライブで親戚=私の伯母の家に~

確か、この「お正月に泊まりにおいで」「お邪魔します♪」のやりとりのときに初めて
「実はうちに猫ちゃんがいるんだ~」ということを伯母に打ち明けたんですよね。
そして忘れずに念押ししました。「うちの両親には秘密になってるから絶対に言わないでね!」
おばちゃんが「あ、そうなの~。いいよいいよ。解かったから一緒に連れておいで
と請合ってくれたので一安心してお泊り計画が実現したのでした。

さて、現地に着いたアーニャ。
伯母夫婦やご近所さんなど多くの方々の好奇心のまなざしで出迎えられます。
もちろん緊張のあまりへっぴり腰です。
へっぴり腰のまま、一応隠れ家を求めてウロウロします
ウロウロウロウロ・・・・・・お
隠れ家を探していたのに、出会ってしまいました・・・。おばちゃんちのコロちゃんと!
コロちゃんは、おばちゃんちの愛犬です。MIX犬で身体も大きめ。
アーニャの後ろを練り歩いていたママ、ギョッ!として冷や汗が~。
この正面遭遇はやばすぎる・・・コロちゃんにやられちゃうんじゃないかしら!?
そんなママの耳に入ったのは、気合のこもった「シィヤァーーーッッ」という声。
ひぇー。アーニャが「シャーッ」って言った!!このとき初めて聞いたんですよ。
ビックリしつつ、コロちゃんに申し訳ないと思いつつ・・・感動しました
(これが猫の「シャーッ」なのね。アーニャも猫なのね←当たり前)
でも自分よりはるかに大きい犬相手に、しかも場所は完全に相手の陣地。
アウェイな環境にもかかわらず、あのように威勢の良い「シャーッ」が言えたとは天晴れ
菩薩のように心穏やかなコロちゃんと飼い主の叔父叔母は、何事も無かったように
アーニャに優しく接してくれました。ありがたやありがたや・・・

そんな人間とコロちゃんの内心など気にしている余裕の無いアーニャは
その後も隠れ家探しに余念がありませんでした。ちょっと可哀想だったことは確か
・・・そんなハラハラドキドキの一泊が終わり、私たちが帰宅する日のこと。
叔母が私たちとアーニャの写真を撮ってくれました。
私たちはともかく、アーニャは非常に可愛らしく写っていました。
ブログにUPしようと先日探してみたのですが、どうしても見つからず・・・。

結局、心配したアーニャとコロちゃんのバトルも無くお泊りを終えることが出来
本当にホッとしました。ひとえにオトナのコロちゃんのお陰です。ありがとね
初めてのお正月は、アーニャにとって初のお泊り体験。刺激的なお正月でした。
あにゃちゃん、ホントにお疲れさまでした

そうそう。この話には続きがあるんです。
それから数ヶ月ほど経ったある日。私は実家の母と電話で話していました。

「・・・それで、猫ちゃんは元気なの?」(確かこんな感じの言葉だったはず)
「へっっ・・・な、なんで?」
「おばちゃんが、お正月にあなた達が猫と一緒に来てくれたって写真送ってくれたのよ」
「・・・・(お、おばちゃん・・・約束が違うんですけど)」
「可愛い猫だね。名前はなんていうんだっけ?」
「アーニャ。・・・ってことは認めてくれたってこと?」
「だからこうして話しているんじゃない。私達だって可愛いものは可愛いと思うわよ。」
「ありがとぉぉぉ~~~。」

大の猫嫌いの両親に隠し続けたアーニャとの生活も早3ヶ月。
私達夫婦の中で特に「アーニャについての今後の両親対策」などを話し合ったことも無く
まったく無計画に日々の楽しさ&可愛さにかまけていた3ヶ月でした
おばちゃんの、思いもかけない裏切りがこんな形で実を結ぶなんて・・・。
本当に想像もしていなかったので信じられない気持ちでいっぱいでした。
でも・・・おばちゃんは多分解ってて写真を両親に送ってくれたのでしょう。
さすがはおばちゃん!!ありがとう、おばちゃんGJですっ
これで本当の意味で「晴れて」アーニャを家族に迎えることができたような気がしました。


今日も読んでいただきありがとうございました
次回はまた2011年に戻る予定です~
よかったらまたいらしてくださいね

あなたの大切な愛犬愛猫さんの気持ちをきいてみませんか?

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。現在キャンペーン実施中♪
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

晴れて両親に認められたアーニャにお祝いのポチをお願いします!クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

かつお節よ、ありがとう!!

うーむ。前回更新から1ヵ月半・・・・これは上々の更新ペースと思っていいんでしょうか
「そんなわけないだろう」というブーイングが脳内で木霊していますが
と、とりあえず進めてみまーす。 今日は2002年12月のお話です

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さとと-開いた本黄アーニャの事件簿VOL.5

2002年の12月某日(すでに日付は忘れちゃいました~)。
この日はダンナさんの所用と年末に向けての買出しを兼ねて車で出かけました。
お天気も良いしアーニャも一緒にドライブに連れ出しました
車に乗せることに慣れさせる・・・っていう大義名分もあったのですが
半分以上「うちの可愛いアーニャを見せびらかしたい!」という想いの方が強かったかな。
私もダンナさんも・・・。 だってどこに行っても可愛い可愛いと言われる自慢の子だったので。

うらうらとした小春日和
目的の業務用スーパーの駐車場で車内にアーニャを残して買い物へ。
初めて行ったスーパーだったので、目新しくてあれもこれもと買いこんでしまいました。
少しでも早く車に戻ってアーニャを安心させてあげようということになり、
お会計の終わったモノからダンナさんが袋詰めし、そのまま彼が先に車に戻りました。
数分後。残りの品を持って駐車場に向かう途中の私の目に飛び込んできた光景は
オロオロと車の周りをうろつくダンナさんの姿でした。 まっ、まさか!?
多分、血の気が引くってこういうことを言うのかな? 
本当に持っていた荷物を取り落としそうになりながら「逃げた」って聞きました。
ダンナさんの返事は 「逃げた」のひとことだけ。ドアを開けた瞬間に飛び出したそうです。
後から思えば、まだアーニャとしては「パパ」に対してなじみきっていなかったんだと思います。
先に戻ったのが「ママ」だったら、多少気持ちに余裕があったんだろうけど
置いてきぼりにされて動揺しているところに、急に男の人がバタバタと戻ってきて・・・。
ビックリして飛び出してしまったのでしょう

とにもかくにもアーニャ探索開始です。
幸い車の出入りも無く、停車中の車の下や周りの植え込みに向けて何度も呼びかけました。
「アーニャ!」「ニャーちゃん!!」「ニャーゴ
「ママだよ~。アーニャのおうちに帰るよ。出ておいで。怖くないよ。」
こんな見知らぬ場所で逃げてしまったら見つけられない
まだウチの子になりきっていないのに、パニック状態で私のことも解からないかも知れない。
うっかり動いた瞬間に車が来たら轢かれちゃうかも・・・
呼びかけながらも後悔と悪い予想ばかりが押し寄せてきます。
寒いのに冷や汗が出てきました。だけど絶対に諦めるわけには行きません
駐車場をぐるぐる回りながら這いつくばり、呼びかけてアーニャを探し続けている途中、
ふと車に置いてある買ったばかりの品物の中に「かつお節」があるのを思い出しました
よーし!!!ダメもとだっっ。 ダッシュで車に戻りかつお節の袋を取り出した私。
一気にバリバリと袋を開けながら「アーニャ!かつお節買ったよ。ニャーちゃんのだよ
とかなんとかそんなことを口走ったと思います。

・・・・うにゃん・・・・
ウチの車の割と側に停車中の車の下から、きょろんとしたまん丸お目目が覗いていました。
よっしゃぁ~。 緊張のあまり張り付いたような笑顔でしたが、一応笑顔のまま近づいて
がばっと車の下に手を入れて抱き上げ、無事に捕獲成功 えーん、神様ぁ
車でかつお節を貰ってむにゃむにゃ食べるアーニャを見ながら半泣きでした。
アーニャも怖かっただろうけど、ママも怖かったよぉぉ。もう会えないかと思ったよ

後日、この話を聞いた団地のTさんが感動して涙ながらに言ってくださいました。
「まぁ~、アーニャちゃんはもうすっかりmisato家の子になったのね。
だからパパとママのいるおうちが良くてちゃんとお返事してくれたのね~
家族としての時間はまだ短くてもちゃんとが出来ていたのね」

えぇ、えぇ・・・そうなんです。が出来ていたんですよね~、私たち
その時はTさんの感動っぷりに触発されて、私も涙ながらに感動したものです。
でも。今冷静に振り返ってみると、あれは明らかにかつお節のおかげだった・・・。

  かつお節  
すみません・・・感動のカケラもございませんがこれが真実です。Tさん。 

まぁとにかく、いくつもの反省と出てきてくれたアーニャへの感謝と共に思ったこと。
   『買ってて良かったかつお節。ありがとう、かつお節 

この日以来、アーニャ連れのドライブのときには必ずかつお節を持参・・・はしてません
でも、いざと言う時のために持っておくのもアリかもしれませんね~。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

今日も読んでくださってありがとうございました
アーニャの小春日和パニック、お楽しみいただけたでしょうか?
また次回も読んでいただけましたら嬉しいです

大切な愛犬愛猫さんの気持ちをきいてみませんか?

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

アーニャの無事に喜びのポチ☆ぜひお願いしますクリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

ワクチン騒動勃発

いやー・・・・言葉もございません
まさかの半年振りの更新です・・・というか厳密に数えたら8ヶ月ぶりでした
もはや誰一人このブログの存在を記憶してくださっているとは思えませんが、
一応、愛猫との日常の記録ってことで進めてみます
気が向いたら読んでやって下さい(弱気)

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さとと-開いた本黄アーニャの事件簿VOL.4

ま、正直言ってすでに少々順不同になりつつあるのですが
お外の生活から家猫になる際の必須項目とも言える「ワクチン接種」を致しました。
初回は記録によれば↓ 2002年10月19日。F4Vという種類のワクチンでした。
wakutin1

この時期は、以前も書きましたがやたらと病院にお世話になっていたので
先生とのコミュニケーションもそれなりになり、ママとしてはほとんど心配していませんでした。

実際、この回に関して言えば特に記憶に残るほど、いつもと違う様子は無かったかな。
本や先生に言われた「想定範囲レベル」の様子だったと思います。
でも、次の11月9日。
wakutin2

2度目のワクチンを打った後。異変が起きました。
この日は土曜日で、ワクチンは夕方に打っていただきました。
帰宅して、様子を見ていたら歩き方が重度の酔っ払いのようにふらふらと定まらない
もちろん食べない、飲まない、ぐったりしています。
のんき者のママとパパもさすがにおかしいと思い始めました

すでに所定の診察時間は過ぎていますが、お医者様の診断を受けたくて病院に電話しました。
でも、何度かけても留守電になってしまいます。
この状態で動かして良いものか判らず、その後もしつこく電話をかけ続け
やっとの思いで出ていただけたのですが・・・・。
状況を説明しても「うーん、ワクチンを打った後はよくそういう状況になりますよ。」と。
多分当直の先生とかだったのかな?
「とにかく今日はもう診療が終わっているから様子を見て、明日もおかしかったらいらっしゃい」
というようなことを言われたと思います

不安なまま様子を見ていましたが、気が付くと肉球や鼻などが白っぽい
完全に息も荒いし上手く呼吸できていないような感じです。
すでに時間は深夜。
まだこの病院しか知らない初心者飼い主は、他の救急病院を探すべきか悩みながら
祈るような気持ちでずーっとアーニャの身体をなで続けていました

翌日、まだ本調子とは思えませんでしたが、一応復活した様子です
動き自体はまだヨレヨレしていましたが、鼻や肉球の色もピンクに戻り食欲も復活。
結局、また病院に連れて行くほうが体力・精神力ともに消耗するのでは?と思い
自宅で様子を見ることにしました。
徐々に復活していくアーニャを見て一安心はしたものの、
やはり私の心の中には釈然としないものが残りました。

・・・そして、唐突に一年が過ぎ去ったことにします(笑)

2003年11月1日。2年目のワクチン接種に行きました。
この日はたまたま院長先生が担当してくださり、私は一年前のことを必死に訴えました。
私の話を聞いていた院長先生が、途中から険しい顔になり
「それは【ワクチンアレルギー】だよ。最悪死んでしまう危険もあったんだよ。」と。
ぞっとしました。やっぱり「よくある状況」なんかじゃなかったんだ
死ぬ危険性があるほどの苦しい思いを一晩中させてしまったことへの後悔と恐怖。
そして、あれほど何度も電話したのに出てくれなかったこと、
様子を見ておかしいから電話しているのに『様子を見なさい』で終わらせた先生への不信感。
いろんな気持ちが湧き上がりました。

で、結局この年はワクチンと同時に、ワクチンアレルギーを抑える薬も注射していただくことに。
その甲斐あって本当に昨年の状況がウソのように穏やかに接種後の時間を過ごせました。
的確な診断をしてくださった院長先生に感謝
ただ病院自体には「夜間診療のこと」「急患かどうかの判断」「電話での的確な指示」など
色々な面で不安要素が生まれた一件でもありました。

皆さまの獣医さん事情・・・、特に夜間診療や往診などについてのお話、
よろしければお聞かせくださいませ
・・・いまだにこの問題が解決できていないんです。トホホ

とにかくね、アーニャ生きててくれてありがとね


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

今日も読んでくださってありがとうございました
よろしければ、またゼヒお越しくださいね

大切な愛犬愛猫さんの気持ちをきいてみませんか?

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

ワクチン騒動から見事生還したアーニャにお褒めのポチを♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

一難去ってまた一難・・・しかもビッグウェーブ!?

今日はめちゃめちゃ寒いですね。芯から冷える感じです 風邪など引いていませんか

。勢いが失せないうちにアーニャの『受難の日々』の続きに進みま~す。

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さとと-開いた本黄アーニャの事件簿VOL.3

初の一泊二日のお留守番をクリアしたアーニャ
その5日後には早くも次なる試練に直面します。
ココロが安らぐ暇もありません・・・(いったい誰のせい!?)

しかも、この度の試練はママにとっても、もんのすごーーーっく大きな試練でして。
要するに、父親が同窓会で上京する為我が家に来ると言う・・・・
えぇ、あの「猫に目を失明させられかけて大の猫嫌いになった」我が父親の来訪ですよ。

10月5日に我が家の一員になったアーニャですが、その存在は当然のように
私の実家および妹には完全シークレットとなっていました。
なのになのに・・・毎年この時期に来るわけでもないのに、なぜ今なのぉぉぉ

必死に対策を考えるも、ごく普通に「動物病院にお預け」としか思いつかず・・・
だって対面させるなんてそんな恐ろしいこと、とてもじゃないけど出来なかったし、
動物病院に併設のペットホテル(?)なら体調面は、間違いなく安心だろうし
この時期何度も病院に行っていたので、きっと先生方とも顔見知りで安心できるよね
と、またもや自分たちに都合の良いように気持ちを切り替えて、来る当日に備えました。
11月1日の夕方にお預けに行って、お迎えは11月4日。3泊4日です。

父の来宅予定は2~4日までなので、1日にアーニャを預けた後は
必死に家の中の整理整頓&アーニャの痕跡隠ぺい工作に励みました
幸いアーニャは家具に一筋たりとも傷をつけてはいなかったし
キャットタワーなどの大物も購入していませんでした。
トイレや食器、おもちゃはダンボールに入れてクローゼットに片付け、
一本たりとも見逃さない気合で虫眼鏡で毛の残骸を探して抹消し・・・・
可哀想だったけれど、アーニャの存在をいったん抹消です。私たちの気持ちの中からも
だって、ついうっかり「アーニャ大丈夫かな?」とか口走ったら水の泡ですから。
その甲斐あってか、父はとりあえず4日の帰宅まで一切不審は抱かなかったようでした

父の帰宅後、3日前の巻き戻しのようにアーニャグッズを再セットし直し
夜になってから大慌てで病院にお迎えに行きました

知っている先生、スタッフ、対応も親切できれいで病院だから安心で・・・・。
確かにそうだったはずなのに。きっとゆったりと迎えを受け容れてくれると思っていたのに。
迎えた瞬間のアーニャの顔を見たとき、怒涛の後悔が押し寄せました
いままで見たことも無いようなちょっと表現しがたい表情でかすれた声で鳴き続ける姿。
もう車の中でも帰宅後も「ゴメンネ。ゴメンネ。」しか出てきませんでした
前回のお留守番の時は、まだ余裕が見えたんだと思います。
私たちも「偉かったね」とか「がんばったね。ありがとう」とか言えましたから。
でも、どんな安全な場所であっても、パパとママがいない、自宅ではない場所での3泊は
アーニャの心身にものすごい負担を与えたのだと言うことが目に見えてわかりました。

この日私たちは「今後は絶対にアーニャを動物病院やホテルに預けない」と決めました。
「預けないと決めた日」って感じ??(某ドラマタイトルをパクッて見ました

今から思えば、家にいれば何度も何度も留守電で声を聞かせることが出来るけど、
病院に預けてしまったらそれも出来ない。他のワンちゃんや猫ちゃんとの接触がある。
病院だから、やは痛がったり怖がったり苦しんでいる子もいるわけで
決してみんなで楽しくお泊りごっこ~みたいな雰囲気ではないんですよね。当然だけど。
ペットホテルや動物病院へのお預けは、個体によって向き不向きがあるのだと
つくづく思い知りました。

何をするのでも、ネットや本からの情報を鵜呑みにするしかなかった初心者の飼い主。
例えば10頭の猫がそれを心地良いと感じたとしても、うちの子には合わないかもしれない。
そんなことも、ひとつひとつ身をもって体験して試行錯誤で家族になっていく。
それがこの時期の私たちでした。うーん、それにしてもやっぱりかなり激動の日々だわ~

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

今日も読んでくださってありがとうございました
だめママと優等生アーニャのあれこれはまだまだ続きますまたゼヒお越しくださいね


「みんな同じ」じゃないから・・・愛犬愛猫さんの気持ちをきいてみませんか?

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

激動のアーニャの日常にお褒めのポチを♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

意外にシビアな日々

いつも読んでいただきありがとうございますハート顔 ニコ
え!?もう全然読んでいません!?まぁ、それはそうですよね・・・・放置しすぎました
アーニャの事件簿+@さとと-開いた本黄
・・・今日はmisato家のお姫様としてのアーニャの優雅な日々・・・
とは程遠い2002年10月を振り返っていきます。ヨロシクお付き合いくださいませ

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さとと-開いた本黄アーニャの事件簿VOL.2

トイレのドアをママに閉められちゃったりのぞき、米粒がニョロッと動いたり・・・
まぁ、我が家に来てからのアーニャの生活は結構あわただしくスリリング
そして、お姫様生活(?)3週間目の10月26~27日の週末。
アーニャはまたもや大きな山場を迎えるのでした

それは・・・「パパとママとの一泊二日のお泊り旅行~
つまり、「アーニャの一泊二日の初めてのお泊りお留守番でした
今回、この連載をスタートしてから当時の記録を改めて探して読み直してみたりしたんですが、
いや~・・・・、まさかあの時の初お留守番がわずか3週間目だったとは!!
↑  と他人事のように衝撃を受けるmisatoママです。にゃはは・・・
今なら考えられませんが、当時は「もともと決まっていたことだし我慢してね
「本にも一泊二日くらいなら大丈夫って書いてあるからアーニャも大丈夫だよね
みたいな軽~いノリだったような気がします

実際、当時は生肉食ではなかったので、一泊二日の旅行の際に
食事に関して悩む必要が今ほど無かったと言うのもありますし、
10月後半といってもまだ寒くなる前だったというのも安心要素でした。
また「お外に比べたらうちの中は暖かいし安全だし、不安なわけが無い」って
思い込んでいましたから。 完全な自分勝手な決め付けですけどね~

当日はマニュアルどおりにトイレの数を増やし、ドアストッパーを設置し(笑)
ごはん、水を複数箇所において出かけました。
もちろん「明日には絶対に帰ってくるから心配しないでね。アーニャを捨てるわけじゃないよ。」
とは繰り返しで言い聞かせましたが。

東北地方への旅行は楽しく終わり、無事に自宅へ着きました。
確かアーニャは家中を走り回って、私たちが触ろうとするとちょっとへっぴり腰になったり
やっぱりいつもとは違う反応をしたと思います。
でも、トイレもごはんも完璧でした。家の中にも乱れはありません。
「やっぱりアーニャはさすがだね~すごいね」・・・夫婦で交互に褒めちぎりながら
内心では(よかった。これで泊りがけのお留守番もOKだって証明された。)という
自分たちの為の安堵感が沸いていました。
アーニャを迎える際に「旅行とか帰省の際にはどうするのか」というのは論点でしたので。

そうなんです。アーニャが初回のお留守番を予想以上に完璧にクリアしてしまったので、
パパとママは大きな誤解・失敗をしてしまうんです。
この誤解は将来的にはアーニャの身体にも影響を及ぼしてしまうことになるのですが・・・。
それはまた後日の記事で触れますね。

とにかく当時の私はアニマルコミュニケーターではないし(そもそもそんな物さえ知らないし
アーニャがどんな思いでまだなじみきっていない「NEW我が家」での一晩を
ひとりきりで過ごしたのか、彼女の気持ちを思いやることも出来ませんでした。
家の内部にダメージが無いこと、見た目的にはアーニャ自身も健康そのものだったことなど
いま振り返ってみると本当に表面的な事実だけを見て「大丈夫」って判断していました。
そのことは、ホントに申し訳なかったなぁ・・・って思います。

しかし、ホントに申し訳なかった・・・と思っているのは2010年現在のmisatoママ(汗)。
2002年のmisatoママは、優等生アーニャにすっかり安心してしまい、
彼女に次なる試練を与えてしまうのです
というわけで、次回はアーニャの次なる試練のお話に進みますね~

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

今日もありがとうございました


お留守番のときの愛犬愛猫さんの気持ちを確認したくなったら・・・

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

久々の更新。読んでいただきありがとうございました♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

お誕生日

日付が変わってしまいましたが、メリークリスマスツリーでしたハート
身内に不幸があり、しばらくお休みしてしまいました。スミマセンぺこ
今日は「アーニャの事件簿+@さとと-開いた本黄」番外編で~す(事件性一切なしなので・・・えへっ )

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

そう言えば、これまでアーニャの年齢的なことについて一切触れていませんでしたが
初診の際に、先生から「生後一年以内…歯の状態から見て10ヶ月程度?」と言われました。
そこで、2001年の12月25日をアーニャのお誕生日に決めたんですキラキラ
クリスマスをお誕生日にすることにしたのは、単純に覚えやすいからとかだけではなく
なんとなくアーニャと言う存在が私にとっては神様からのプレゼントプレゼントみたいな気がしたから。

・・・と言うわけで、12月25日(昨日)は、愛するアーニャの8回目のお誕生日でした~きらきらはーと

いつも以上にアーニャが生まれてきてくれたこと、私の傍にいてくれることに感謝して
これからも思いっきり長生きして大丈夫だからね!!と伝えました。目標28歳!
プレゼントは毎年恒例のお寿司えびのおすそ分け+新しい首輪ニコッ♪
今年もアーニャにたくさんの幸せが訪れますように・・・四葉のクローバー
ママが少しでも多くアーニャの幸せのお役に立てますように・・・アップロードファイルキラキラ

アーニャ、今日からもまた新鮮に濃厚に愛し合おうねjumee☆heart4

うーん、なんだか独り言みたいになっちゃったjumee☆shy1
次回はまた事件簿に戻りますねこ引き続き読んで下さいね~ハート(オレンジ)


★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

8歳になったアーニャに祝福のポチ!お願いします☆クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

頑張りましたが・・・限界でした!

いつも読んでいただきありがとうございますハート顔 ニコ
前回のラストにお知らせしましたように、今日からはタイトルを変更jumee☆paw1
アーニャの事件簿+@さとと-開いた本黄」として新たにスタートさせていただきます。
メインはアーニャのお姫様修行中の事件性の高い出来事を…、
そしてその他にそんなに事件性は高くないけど笑
ママ的にははずせない思い出などを散りばめていけたら笑顔と思っています。
言ってみれば「うちの子馴れ初め物語・・・第2章」ってとこかなはてな
どうか引き続きお付き合いくださいますようにお願いしますオンプでは早速…スタートですsai.wingpen

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さとと-開いた本黄アーニャの事件簿VOL.1

アーニャがうちの子になってまだ日が浅いある日の出来事です。
いつものように会社から帰宅してみると、なんとなく鳴き方に必死さが・・・?
「どうしたのかな?おなかすいた?」 まぁ、こういう場合の定番の言葉をかけながらも
私自身にはあせりや緊迫感は無く、アニャご飯猫缶の準備などをしておりました。

ところがいつもなら猫缶猫缶のプルトップを持ち上げる「カシャ、パッカーンガーン2」の音と同時に
飛んでくるはずのアーニャが来ない!? もしかしておなかでも痛いねこのかしらガーン!?
ここに来てやっと緊迫度合いを強めた私は、急いでアーニャのトイレのチェックに行きました虫めがね
・・・いや、正確には「行こうとしました」。そして信じがたい出来事に遭遇しましたアップロードファイル
さとと-ドアド・ア・が・閉まってるぅぅぅ!?ガーン

我が家ではアーニャのトイレ(猫トイレ)は人間用のトイレの中に設置してあります。
通常は私たちの不在中でもアーニャが自由にトイレに入れるように、
ドアを軽く開けて10センチ弱の隙間を作ってありましたのぞき
ところが、今私の目に前にはキッチリシッカリ閉ざされたトイレドアが汗さとと-ドア

原因は私しか考えられません。まだこの「トイレドアに隙間のぞき」の習慣が完全じゃなかったので
朝のバタバタの勢いでうっかり完全に閉めてしまったようなのです。ごめん~~えーん
・・・ってことは、朝から夜7時までトイレ我慢していたってことなのかしら・!?

慌てて「アーニャ、ゴメンネ。トイレ我慢してたの?」と聞いてみたら
なんとも言えず情けない声と風情で「ひぃ~んねこ」と鳴きます。
ですが、トイレに駆け込むでもなく、ある場所から動こうとしないんですよね~jumee☆whyL
そこには、私が雑然と置いてあったかばん類バッグがいくつかありました。
「ゴメンネ、ホントに悪いママだよね。ドア閉めたらニャーちゃんトイレ行けないのにねjumee☆faceA126
ひたすら謝り倒しながら、何の気なしにその放置バッグを片付けようとしたら。。。。
この日2度目の信じがたい出来事が、目の前に転がっていました顔-ビックリ2
バ、バッグの中におしっ○とう○ちがぁぁガーン

バッグの中にね、本当に上手にブツが収まっているんですよ。
さすがに驚いて「うわっ!」と叫んだ私に、アーニャも負けじと(?)「うぉーっ!」と叫びました。
以前の記事にも書きましたが、彼女はとっても賢くて礼儀正しくて、
トイレに関しても一度場所を教えて以降はまったく問題ありませんでした。
それを、私の不注意でこんなところにさせてしまった。
「いっぱい我慢して頑張ったけど・・・限界でしたねこ!」ってところだったのでしょう泣き顔
これまで一生懸命に良い子で頑張っていたアーニャにしてみれば叫びたくもなりますよね。

それでも、その放置かばん類にはヴィトン等そこそこのブランド品も含んでいたのに
一番安いかばんを選んでくれたことが、泣けるほど嬉しかったです泣く
やっぱり最高に良い子だよ、アーニャはハート
ちなみにこの安かばんピンクグラニートートバッグ、前日に買ってきてまだ新品でしたが・・・・苦笑

・・・と言うわけで、この事件で上がったのはアーニャの株。下がったのはママの株がっくり
これに懲りたママは、急遽ドアストッパーを買ってきました。
その後この不幸な出来事は繰り返されていないそうです。めでたしめでたし・・・えへアップロードファイル

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

アーニャ的(ママ的?)初事件。いかがでしたか?
皆様はこんな経験・・・・ない・・・ですよねjumee☆imbeaten1R
また次回もお楽しみに~ハート(オレンジ)


★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

トイレ限界まで我慢したアーニャにお褒めのポチよろしく♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

お姫様へのスタートライン☆

今日もぽかぽか太陽2でしたねぇ顔 ニコ 
あまりにも暖かくて大掃除とかの師走気分が盛り上がりません顔文字 汗
うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄 第19回目」 今日もよろしくお願いしま~すにくきう


ニャーゴがうちに来てちょうど一週間が経ったころだったでしょうか?
ふと思い立ちダンナさんに聞いてみました。「ねー。ニャーゴのままで良いよねぇはてな」…。
いやー、私的には全然「ニャーゴ」のままでも問題なかったんですけど、
私からニャーゴの自慢話と名前を聞いた相手の方がことごとく
「えっ、女の子なのにニャーゴなの・!?それって可哀想じゃないうへぇ~;!?」的反応をするもので。
ちなみに、この時期うちの中では「ニャーちゃんすきすきっ」というのが定番の呼び方でした。

「別にニャーゴでも良いんじゃないおkグー!?ヘンに変えたらニャーちゃんが混乱するでしょう。」
というダンナさんの意見に、一度は私も「それもそうだよねー!絵文字名を入力してください」と納得したものの
ちょっと試しに他の名前を考えてみることにしました。

基本コンセプト(…ってほど大げさなものでもありませんがjumee☆shy1)は、ニャーゴが混乱しない名前。
となると、「ニャ」という響きは残した方が良いと思いました。
じゃあ、とりあえず「ニャ」の上に50音を順番に当てはめてみようおお!お?
我ながらものすごーっっく安直な方法だと恥ずかしくなりましたがえへ笑
声に出して「アーニャ、イーニャ、ウーニャ、…カーニャ、キーニャ」とやってみました。

結果。あ行とか行を終えた時点で、どう考えても「アーニャ」が一番可愛い気がするうわぁ・・・
何度も「アーニャ。アーニャ。アーニャちゃん。ニャーちゃんハート」と繰り返しました。
良いんじゃない・!?呼びやすいし、しばらくは今までどおりニャーちゃんでもOKだしぃアップロードファイル
これならきっとみんなもバカにはするまいベー♪ ダンナさんの賛成も得られましたjumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R
こうして、ニャーゴの新しい名前は「アーニャ」になったのです。

そして。その後この名前にはオプションも付きます。
新しい名前が出来たその夜。入浴中の私の所にダンナさんが嬉しそうにやってきました。
「良いコト考えたよ笑顔 ニコニコ。アーニャって言うのはロシアでは『アナスタシア』の相性ジャン。
だからアーニャの本名は『アナスタシア・ニャーゴフスカヤ』にすれば良いよ音符
そうすれば『アーニャ』って呼んでも『ニャーゴ』って呼んでもおかしくないから。」


なんかねー。すごく嬉しかったですハート
アーニャはとってもステキな名前だけど、アーニャがニャーゴであった時期と言うのも
私にとってはものすごく大事なものだったから…。ちゃんと残せて嬉しかった顔(きらきら)アップロードファイル

アナスタシアといえばロシア皇帝の最後の皇女ですよね~キラリ
偶然とはいえ、我が家のお姫様にぴったりの名前でパパもママもご機嫌でした笑顔
この日から改めて正式にmisato家のお姫様としてのスタートラインに立ったアーニャ。
「アーニャはね、お姫様だよ。幸せになる為に生まれてきたんだよきらきら。」
毎日毎日繰り返しでささやかれ、なでくりまわされアップロードファイルパパとママの寵愛を欲しいままに得て
立派なお姫様への階段を登り始めるのでしたSTEPあっぷあっぷ

でも、お姫様修行にも事件は付き物アップロードファイル
この先にもいろーんなことが起こります。
次回からは「うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄」あらため「アーニャの事件簿さとと-開いた本黄」として
続けさせていただきたいと思いますハート
今日までの「うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄」へのご愛読を感謝いたします笑顔
よろしければ彼女がアーニャになった後の事件や出来事にもお付き合いくださいませぺこりふきだしハート


★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

公園猫ニャーゴからウチのアーニャ姫への転身に祝福のポチよろしく♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

「ベッドに米粒が落ちてるんだけど~」

こんばんは顔 ニコ 前回の更新からちょっと間が開いちゃいました、スミマセンごめん
3日ぶりの「うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄」・・・今日は第18回目です♪
引き続き楽しみくださいませ~コーヒー&ハート


とっても良い子でとってもおてんばなニャーゴすきすきっ
何をやっても可愛くて、見ているだけで幸せになれますjumee☆love3
また、結局数日経ってもダンナさんのアトピー的症状も出ることなく一安心。
全てが理想的に動いているように見えました笑顔キラキラ・桃2

ところで、初日にベッドさとと-ベッドによじ登ってきて私と一緒に寝て以来、
術後の1日を除きニャーゴと私は毎日当然のようにベッドを共にしていました(爆)
体重(当時)3.8kgが慎重に私のおなか~肺の辺りを踏みしめて猫足
胸の辺りで「ふぅ」っと鼻息を吐きながら香箱座りニャンコ先生1になる様は、
若干の痛みと呼吸困難を伴うとはいえ、非常に愛らしくて感動的でした泣くjumee☆heart4。(←バカ親)

…というわけで、毎晩感動と呼吸困難でアップアップしながら眠り寝るに着いていたのですが。
ある朝、目覚めた私の目に「米粒」が飛び込んできました。
「なんでこんなところに米粒がjumee☆whyL」 まだ寝起きなのでいまいち理解できません。
だけど、よく見ると米粒はひとつではなく数個落ちているみたい。
んんんんはてななんか変かも困ったはてな
「ねぇ~、なんかベッドに米粒が落ちているんだけど~」とダンナさんに訴えてみました。

その後、寝起きの頭が冴えてくると、以前読んだネットパソコンの情報が頭に浮かんできました。
もしや、これは 「虫いもむしさん なのでは・・・!?
いまのところ、米粒が動いている気配は感じられなかったので確証はありませんが
とにかく早く帰宅して病院病院にダッシュだわ汗(う、また行く=ビクッ猫闘うのか…がっくり

その日、帰宅する途中はニャーゴとの闘いを想像してちょっとダークな気分でした。
しかーし。帰宅後ニャーゴの可愛いお顔を見たらそんな気分なんて吹き飛んじゃいましたうわぁ・・・
・・・・・・と言いたいところでしたが。
実際には悠長にダーク気分に浸っている場合じゃない現実が待ち受けていましたガーン

私の目の前でキュートにぷりぷり動いているニャーゴのおしり・・・○門から・・・
白いものが出ている~~風強い><。 白いものがニョロッと動いている~~いもむしさん
ぎゃ~~~っっ!! 虫だぁ~~えーんjumee☆faceA211R
ニャーゴのお尻から虫が出てるガーン 虫大嫌いの私的には、もう大パニックでした。
決死の思いでニャーゴを捕獲し(公園からおうちに来た時の何十倍も大変むぅ…)病院へzoomzoom003

苦労して連れてきた割には、病院病院での処置はあっけなく終わりましたホっ
米粒の正体は「瓜実条虫」。 あの、おなかの中で栄養を食べてしまうと言う虫でした。
先生いわく「お外にいた子には多いんですよ~。早めに見つかってよかったですね」とのこと。
そんなのおなかに飼っていたらニャーゴ食べても食べても猫缶おなか空いちゃうね~。
超あせってハラハラハラハラしたけど、ホントに早めに見つかってよかったほっ<
でも今から考えたら、保護した初日ではなく、この絶妙なタイミングで虫が発見されたのも
ある意味ニャーゴの(私の?)運の良さなんだろうなぁ電球
初日だったらダンナさんからのNGが出ていたかもしれないもんね。

こうしてニャーゴの家猫化レッスン、第2の山山…虫さん退治もめでたくクリア出来ました笑顔
これからもひとつずつ一緒にクリアして行こうねさとと-キラキラピンクニャーゴが大~好きスキ虫は嫌いだけどjumee☆shy1

今日も読んでいただきありがとうございましたハート
また次回もお楽しみにねこ


★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

連日の病院通い頑張るニャーゴにお疲れポチよろしく♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

言葉は無くても・・・

こんばんは~オンプ
さて、17回目を迎えました「うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄
引き続きニャーゴの家猫レッスン期間のできごとです。どうぞお楽しみくださいませコーヒー&ハート

退院後初日の「お外に出して!!」コールはものすごかったニャーゴですが、
その他においては、本当に夢のように模範的なおんにゃのこでしたすきすきっ姫系キラキラ
一般的に猫の問題行動といわれること・・・家具での爪とぎ、トイレの粗相、
コードをかじる、植物を食べてしまう、ごみを漁る、などなど・・・一切ありません。

毎日、会社から電話電話を入れていたとは言え内心では毎日ドキドキ××しながら帰宅していた私。
でも、そんな不安を吹き飛ばすようにニャーゴの留守番は完璧でしたアップロードファイル
私自身は彼女に対して「良い子だったら一緒に暮らせるよ」と直接言った覚えは無いのですが
やはりダンナさんとの会話の端々から感じ取っていたのかもしれません。

余談ですが、後日(数年後)生まれて初めてアニマルコミュニケーションを受けた際に、
「ワタシは良い子だから、お話してくれたらちゃんとできる。」とか
「だってワタシ良い子だもん」的なメッセージが多かったんですよ。
不思議に思ってコミュニケーターさんに「随分良い子を連発しますねはてな。」とお聞きしたら
「ご家庭でいつもそのように言われていませんか?」って・・・。
あぁ、無意識のうちに「良い子だね~良い子だね~笑顔ハート」って褒め続けていたかも。
そしてそれは、ホメ言葉であると同時に良い子でいることを強要する言葉だったのかも。
そんな風に感じて遅ればせながら反省したものです涙ごめんね

とにかく、2日目、3日目、4日目と日を重ねるごとに私たち夫婦は忘れていきます。
これがトライアル期間であると言うことを…。
確かこの期間中にダンナさんと「結構、良い感じだよね?この先どうする?」
みたいな会話は一度もしていないんじゃないかな?
そのくらいとても自然にニャーゴは溶け込んでくれましたニコ

キラキラ・桃2ハート毎日のようにニャーゴのためのものが増えていきます。
      毎日のようにニャーゴのための時間も増えていきます。
       毎日のようにニャーゴネタによる笑いが増えていきます。ハートキラキラ・桃2

うん。だいじょうぶ。このままニャーゴと家族になろう。家族になれる!
言葉は無くても互いにそう思っていることは明白でしたグー
そして、それがニャーゴの頑張りの賜物であるということも感じていましたハートありがとうjumee☆thanks4


ところで、素晴らしく優等生のニャーゴでしたが、意外にもとってもお転婆でした。
病院でつけてくださった「白い金太郎腹巻」。本来はこの状態アップロードファイルのはずですが
shiroharamaki1.jpg

私が帰宅した時に目にするニャーゴの姿は、大抵アップロードファイルこんな感じに・・・顔-ビックリ2
shiroharamaki2.jpg
腹巻がビキニパンツ…いや、ふんどしになってますガーン若いおんにゃのこなのにぃ苦笑

暴れるニャーゴ相手に手も足も出ず、腹巻の巻きなおしのためだけに病院に行くのですが
手術後とは言っても、気合とパワーは溢れんばかりです猫アップロードファイル

ある時、病院病院の受付締め切りに間に合わなくなりそうで、
ニャーゴを無理無理詰め込んだバッグのファスナーを閉め切る前に
マンションのエレベーターに乗り込みました。
(エレベーターの中で密室状態でファスナーを閉めようと思って。)
ところが、ウチの階にエレベーターが着いてみると中に人が乗っている!
予定外のことで動揺した私は、とっさに口走りました照れる
「スミマセン顔-アッbikkuri01このバッグの中に猫怒るが入っているんでファスナー閉めて下さいっ!」と

多分私もかなりすごい形相だったんだと思います苦笑
その方(同じマンションの方ですが初対面で初老の男性でした)もギョッホォーえっとしたように
「ハ、ハイッ」と言って二人がかりで押さえ込み無事にニャーゴ収納完了できましたほっ
その後ときどきその方にエレベーターで出会うんですが、あの時の状況を思い出すと
今でも微妙に恥ずかしくてコソコソしちゃう私ですえへ


今日もありがとうございましたハート。今回は初めて当時の写真も載せてみましたぴーす笑顔
このときはまだデジカメが無かったのでプリント写真をデジカメで再撮影したものです。
画質が悪くて恐縮ですが、ちびっこニャーゴの腹巻&ふんどし姿をご堪能いただければ
さいわいです(ニャーゴは不本意かなぁえへっ

PS:今日は私的には珍しく、別ブログと両方W更新ですガッツ やっほー♪
ここを見てくださったついでにこちらも覗いて下さいね~投げキッス



★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

私たちのために良い子でいてくれたニャーゴに拍手ポチよろしく♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

ニャーゴが泣いた

昨日は一日中すごい雨でしたね傘
仕事関連で秩父の夜祭に行ったダンナさんですが、途中で仕事中断したそうです。

さて、「うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄第16回目の今日は、
家猫レッスン期間の第1日目の出来事をお送りしま~すハート


ニャーゴを病院から引き取った翌日は火曜日。私もダンナさんも当然お仕事でした。
…ということは、今日がはじめてのお留守番ですドキドキ
術後の経過のこと、家でのあれこれのことなど心配は尽きませんでしたが
とにかく無事であることを信じるしかありません。

会社からは、確か数時間おきに電話jumee☆telephone1cを入れました。(留守電で声を聞かせるんです。)
この留守電作戦(?)は、この日だけではなくずーっと続くことになりますが
結構、効果あるんですよGOOD
アニマルコミュニケーションのお客様にもよくオススメしています顔 ニコ

お留守番初日、ダッシュで帰宅してみるとニャーゴも家も無事でした~ホッ ほっ
家具で爪を研いだ跡も無い、物が壊れたり移動していることも粗相の跡もナシアップロードファイル
スバラスィ~~~うわぁ・・・ 幸先いいわぁ♪
なによりもニャーゴが無事だったことが一番ホッとしましたハート
まぁ、実際にはこの日はまだ麻酔の余韻でも残っていたのかもしれません。
私の帰宅時点では、動きもそれほど活発ではなかったので・・・。

その夜、徐々に元気を取り戻してきたニャーゴが騒ぎ出しました。うん、これは想定内羅琉 ニヤリ
お外の子が室内に入れられて騒ぐことは当然と言えば当然だしね。
ただ、なんと言ってもニャーゴの場合、この一週間の態度が運命の別れどころでしたので
ちょっとかわいそうだなぁ~とは思いつつ、厳しく「外はダメ×と繰り返しました。
私も状況をわかって欲しくて必死でしたが、ニャーゴはもっと必死だったのでしょう。
鳴き声もどんどん大きくなって、顔にも切羽詰った感がありありと浮かんできましたあせあせ
苦情を言われる前に先手を打ってお隣さんにお詫びに行ったり、
玄関に通じるドアをすべて締め切ったりさとと-ドア
柑橘系のスプレーをそのエリアに撒いて見たり。出来そうなことはしました。
可哀想に「そんなに騒ぐならご飯あげないよ」とまで言ってしまいました。。。鬼ママです絵文字名を入力してください

そんな時間がどのくらい過ぎた頃だったでしょうか。
もう私の猫知識の範疇では打つ手が無くなりました流れ星
ニャーゴはもはや声もかすれそうな状態で鳴き続けていますねこ
困り果てて思わず抱き上げ、玄関からニャーゴを連れ出しました。
マンションの廊下から下界を見せながら、必死に言い聞かせました。
「わかる・!?ニャーちゃんがいたお外とここのお外は違う場所なの。」
「ここからお外に出ても、元いた場所には帰れないんだよえ?!。」


今なら当然のように「動物さんは言葉を理解しています。」とお話していますが、
このとき、私はまだアニマルコミュニケーションの世界に出会っていません。
猫が人間の言葉をどのくらい理解するかなんて考えたことも無かったけれど、
それでもニャーゴの状態を見ていたら人間の言葉で説明せずにはいられませんでした。

私の言葉を聞きながら、マンション高層階からの下界を見つめたニャーゴは
ちょっとの間黙っていましたが、次の瞬間小さく小さく 「にゅぅぅぅ」と言いました。
それまでの大きな必死な鳴き声とは全然違ったので、とっさに顔を見たら・・・。
目に涙が!? ウソだと思われるかもしれないけど、本当に涙が浮かんでいたんですぐすぐす
鳴く・・・じゃなくて泣く。衝撃的でした。(もしかしたら普通のことなのかしら・!?汗
ニャーゴが泣いてる…と思ったら、私もつられて泣けてきて号泣
ギュウっと抱きしめながら室内に戻り、何度も何度もゴメンネって言いました。

そう言えば野良ちゃんを保護した時に、みなさんどういう感覚になるのかなぁ?
自分は良いことをした!的な感覚になりますか?(危険から守ったとか、飢えから救ったとか)
私は、ニャーゴが比較的恵まれた環境でお外生活を送っていたからかもしれないけれど、
保護当時から「私がニャーゴを救った。」とか言う感覚が無いんですよね。
どちらかと言えば「ニャーゴが私についてきてくれた。」みたいな感覚が強いんです。
そんなわけで、このときのゴメンネも、
『室内でニャーゴと一緒にいたいって言う私のわがままに付き合わせてゴメンネ』
『ニャーゴの気持ちを優先できなくてゴメンネ』…って感じでした。

それでも、私のゴメンネとともに、ここが自分の元いた場所とは違うと言うことは
ニャーゴ自身がちゃんと理解してくれたのでしょうおk
この日以降、ニャーゴが玄関から外に出たいと言うことは無くなりました。
(ベランダから外を見たりするのは大好きだけど笑
多分、家猫レッスンのSTEP1クリア絵文字名を入力してくださいと言って良いでしょう祝
ニャーゴよく頑張りましたハートありがとうにこ
家猫レッスンは、まだまだ続きます頑張るぞ。おーっ。

今日も読んでいただきありがとうございましたぺこキラキラまた次回もお楽しみに四葉のクローバー

★アニマルコミュニケーション*オーラリーディング承ります
お申込み・お問い合わせはこちら↓からどうぞ。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

家猫レッスン頑張るニャーゴにポチッとお願い☆クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

鶴の・・・神様のひと声☆

こんばんは~手書き風シリーズ星
昨日やっと、我が家に足を踏み入れましたニャーゴ。さて、今日はどうなるでしょうか?
予想以上に長い連載にお付き合いいただいている皆様に感謝しながらjumee☆thanks1
うちの子馴れ初め物語さとと-開いた本黄」第15回目スタートですハート


2002年10月6日。あらかじめ予約してあった動物病院病院での避妊手術の日です。
昨日と同じダンボールダンボール箱に入れようとしましたが、少し暴れました。
病院に着いて、診察券に名前を書き込みました。
「ニャーゴ」の前に自分の姓が記入されているのを見て、なんだか誇らしい気分になりました。

本音を言えばこの時点で(もう離れることなんて出来るはずない)って思っていました。
もしかしたらダンナさんも同じ気持ちでいたかもしれません。
病院に向かう車中で「全然身体痒くなってないよ。大丈夫だよ。」と言いましたから・・・。
でもそれを改めて話し合うには、この日の朝は慌しすぎました。

病院では院長先生が担当してくださることになり、簡単にこれまでの経緯をお話しました。
そして術後、家に適応できないようであれば、またもとの公園に戻す可能性も0では無い
ということも正直にお話しました。
院長先生はちょっとの間私たちを見て、こうおっしゃいました。

医者「手術後はエリザベスカラーという傷口を保護するものを着けます。
それを着けると視界が狭まって交通事故や他の猫に攻撃される危険性もありますから、
せめて傷がふさがるまでの一週間で良いですから家に置けますか?」


瞬間的に夫婦で顔を見合わせて「一週間くらいなら!」「大丈夫です!」と答えました。
答えながら、(とりあえず一週間は確保できた!)という想いと、
(一週間あればなんとか良い方向に持っていけるかも…)と言う想いが同時に沸きました。

病院にニャーゴを預け帰宅し、Tさん宅にご報告にあがりました。
Tさんは、まだトライアルの状態であることを知りながらも、
ニャーゴが我が家に入ったことをとても喜んで下さり、
お祝いの代わりに・・・と避妊手術代を出してくださいました!!
何から何まで本当にお世話になりましたムフフjumee☆thanks3

翌日、会社から急いで帰宅して病院病院へ迎えに行きました。
病院のスタッフさんにニャーゴを入れていただくナイロンのバッグを預け
受付で待っていると、手術室?の中からものすごい声が聞こえました。
野太いと言うか、切羽詰っていると言うか・・・。
(うわー、すごい声!こわがりの猫もいるのね。ニャーゴはこんな声で鳴かないな苦笑。)
ぼんやりと思いながらそのドアを見つめていると、すごい声が近づいてくる。。。
えっ・!?、えっ・!?・・・もしかしてこのバッグの中から聞こえてきます・!?
これ、ニャーゴの声なの!?ひょえ~びっくり

信じられないような声で鳴き続けているニャーゴ入りのバッグを受け取り
「迎えに来たよ。大丈夫だよ。頑張ったね。」と外側からさすり続けました。
次第に鳴き声は小さく、最後には止まりましたが身体は震え続けていましたねこ
家に着いてみると、バッグの中のペットシーツにはおしっこが・・・。
怖かったんだね。ごめんね泣き顔

今なら、手術前にキチンと説明をしたり、ココロのケアをすることも出来るけれど
このときは、とにかく勢いで病院に連れて行ったようなものでしたから、
そういうメンタルケアはなにひとつ出来ませんでした土下座
ニャーゴにしてみれば、突然我が家に連れてこられたと思ったら
翌日にはまた避妊手術で知らない場所に取り残されてしまったんですよね。
どれほどの恐怖を味わったんだろう・・・と思うと謝っても謝りきれない気持ちです。

この夜、ニャーゴはバスケットにしつらえたベッドにもぐりこみ、昏々と眠り続けました。
おなかには金太郎の腹巻みたいな白いガーゼの包帯。
あれ?…でも先生がおっしゃっていたエリザベスカラーと言うのは着けてないんですけどjumee☆whyL
良いのかな? 念のため病院に電話してみると「あぁ、大丈夫ですよ♪」と軽いお返事笑

後から振り返ってみれば、院長先生にはきっとわかっていたんだと思います。
一週間あれば、間違いなくニャーゴは我が家の正式な家族になれるだろうということが。
そして、飼い主候補の私たちが本音ではニャーゴと家族になりたがっていると言うことも
見抜いていらっしゃったのかもしれません。
だから着けもしないエリザベスカラーの危険性の話などを持ち出して、
「せめて一週間で良いから家に置けますか?」と言ったのでしょう。アップロードファイル
このときに、院長先生がこの一言を言ってくださらなかったら、
もしかしたら・・・ニャーゴと私たちの未来が変わっていたかもしれません。
まさに、私にとっては「鶴のひと声」ならぬ「神様のひと声」的な言葉でしたうわぁ・・・
今でも院長先生には感謝していますハート

さあ、今日からが勝負の一週間のスタートです。
単純なトライアル期間ではなく、家族になってもらう為のレッスン期間。
どうかうちの子として問題なく家や私たちになじんでください。良い子でいてくださいjumee☆faceA80
祈るような想いでニャーゴの寝顔ニャンコ先生1を見つめつづけましたさとと-キラキラピンク

今日はこの辺で…キラキラはーと。また次回も読んでくださいね顔 ニコ



ニャーゴの今後をお楽しみに♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

ニャーゴ入城(!?)の日。

今日から12月ですね~。12月とは思えない暖かさですがいかがお過ごしですかはてな
私はさっき北海道北海道から戻りましたが、やっぱり全然気温が違うので
汗をかいてしまいましたあつい
・・・というわけで、ちょっと間が開いてしまいスミマセン。
うちの子馴れ初め物語 第14回目さとと-開いた本黄」再開ですハート


その日。2002年10月5日。お天気は快晴太陽
ニャーゴに確実に会えるのは、いつものデートの時間帯です。19時を決行時刻に決めました。
朝からその時間帯までの長いことと言ったら半端じゃありません。
嬉しさと緊迫感でドキドキしっぱなしドキドキドキドキ

一番の心配は、「保護に失敗すること。」
いくら毎日デートを重ね心を許してくれているとは言っても、
自分がどこかに連れて行かれそうになればニャーゴにもそれなりに防衛本能が働き、
警戒するのが普通だと思われたのです。
万が一失敗して警戒心注意マーク(白-薄い背景用) †SbWebs†を抱かせてしまったら、
きっとこれまでのようには私を信じてくれないでしょう。
  今までの楽しいデートさえも出来なくなったらどうしよう・!?。 
    私の知らない場所へエリアを変えるような事があったらどうしよう…泣き顔
悪いことを考え始めると、緊張で貧血を起こしそうでしたかお

さあ、19時5分前。
小ぶりのダンボールにガムテープを入れて現場へと向かいました登山

実はこの当時、私は猫が段ボール箱を好きだと言うことを知りませんでした。
ただ他に手ごろなものが無かったので、それを選んだに過ぎないのです。
それでも家に運ぶまでの間、暗闇の中のニャーゴがちょっとでも安心できるように
小さな空気穴をいくつか開け、そこに鈴をひとつ結んでみたりしましたドラえもん

薄闇の中でニャーゴが待っているのが見えますねこ♀
「ニャーゴ!」声をかけながらベンチに座り、ふたを開いたダンボールを横に置いた瞬間。
ニャーゴがぴょんうさぎと箱に飛び込んだ・・・・!?。警戒する気配もありません。
(・・・えぇ、猫はダンボール好きですからねぇ苦笑いいま思えば当然ですが・・・)

こ、こ、これはもしかして予想外の願ってもいない状況なのではないかしらっっ!?
は、は、早くふたを閉めるんだっっ汗!
緊張のあまり半分酸欠状態で、働きが鈍い脳ミソが指令を出します。
持参のガムテープをベリベリと貼って、ニャーゴ収納完了ダンボール箱
あれはてなベンチに座ってから一分も経っていないかも。まだ19時前だ。
実際の保護には立ち会うと言ってくれていた、あの男の子が来る前に…終わっちゃった笑

箱の中のニャーゴは、意外なことに鳴き声さえあげませんでした。
お世話になったし、できれば男の子に会ってから家に向かいたいと思いましたが
ニャーゴが怖がっているかもしれないので、そのまま現場を去ることにしましたアップロードファイル

家に向かう間は、人目の無い場所ではずーっと箱をさすりながら話しかけました。
「怖くないよ。今から帰るんだからね。大丈夫だよ。私が一緒だから怖くないよ」
黙ったままのニャーゴでしたが、箱を通してぬくもりが伝わってきました。
なんだか、やっと自分の手に入った宝物を抱えているみたいな感覚でしたハート

家のチャイムを鳴らすとダンナさんが「えっっ、もう帰ってきたの!?」とビックリ仰天笑
そりゃそうだよね。私だって予想外だもん。
このとき彼は「ニャーゴ我が家に初上陸の瞬間を撮影~!」と、
玄関でデジタルビデオ片手に迎えてくれました笑顔
私自身は気持ちに余裕が無くて、そんなこと考えてもいなかったので嬉しかったです。
だってニャーゴの一生に一度の瞬間ですものねきらきら

ダンボールを玄関に置き、ガムテープをはがすとニャーゴが飛び出すように出てきました。
「ニャーゴようこそ!!ウエルカム
見守る私たちを尻目にしばらくは室内を小走りでちょろちょろしました。
やっぱり怖いのかな?でも当たり前だよね。いきなり連れて来られたんだもんね。
とりあえず、ごはん猫缶をお皿に入れると食べました。それにトイレも場所を教えたらすんなりびっくり
おぉぉぉ~、これは良い感じうわぁ・・・・!?アップロードファイル
ダンナさんも「頭良いね!全然臭くないしキレイだし今のところ痒くなって無いよ」と好感触。
内心(この調子なら完全にうちの子にしても大丈夫かも…)と希望が沸いてきました顔-オッくり抜きハート1
でも、まだまだ油断は出来ません。だって家に入れて1時間くらいだもの。

ごはんを食べてトイレも行ったニャーゴは、またウロウロし始めました猫足
どうにかして不安を取り除いてあげたくて、ソファに座りいつものように声をかけてみました。
「おいでニャーゴ」。…ちょっと考えて私を見上げたニャーゴに、膝をポンポンと叩いて
もう一度「いつもと同じだよ。お膝においで。ここはニャーゴの安心できる場所でしょ?」と。
それを聞いてニャーゴがポンっと私の膝に飛び乗ってきました。
小さく小さく丸くなって落ち着こうとしているのが伝わってきて、たまらなく愛しく思えました。

そのうちに寝息を立て始めたので、そっとソファにおろして私は家事をしていたのですが、
やはり眠りは浅いようで、すぐにゴソゴソ気配が聞こえてきました。
ちょうどそのとき頂きもののリボンを片付けようとしていたので、とっさにそれを垂らしてみたら
あらっ・・・、食いついてきます猫。あららー、猫が釣れるみたい。面白いわ~(私がえへっ

そっか。こういうのが好きなんだねすきすきっアップロードファイル
いっぱい遊んで良いんだよねこ。これで緊張がほぐれるかな?
家の中が楽しいものだと思ってくれたら良いな。ニャーゴが喜んでくれたら良いな顔 ニコ
今はまだトライアル期間。どんなにこの瞬間が幸せでもまだわからない。
でもだからこそ、今できることを最大限にしてあげたいと思いました四葉のクローバー
まぁ、猫素人なので「最大限」って言っても大したことは出来ませんけどね笑

就寝時。ニャーゴにはダンボールに柔らかい布を敷いてベッドにしたものを与えました。
私のベッドのそばにそれを置いて、姿を見ながら寝ようと思っていたのです。
ところが、私がベッドに入ると何のためらいもなくニャーゴがベッドに登ってきました。
一応、お外から来てまだ洗っていないので「ダメだよ。ニャーゴはこっち」と戻すのですが
何度戻しても、ベッドに乗ってくる。
一歩一歩ニクキュウ私の身体を踏みしめるように確かめてそっと寄り添ってくるニャンコ先生1
うぅ・・・・・愛いやつjumee☆heart4。そんなに私にくっついていたいのか・・・・泣くハート
バカ親候補生のココロは喜びでいっぱいですハッピー
最終的にはベッドで一緒に寝ることを許してしまいました~笑

ニャーゴの寝息がすぐ傍で聞こえます。長い一日が終わろうとしていました。
明日は避妊手術のために病院へ病院・・・。
明日以降どうなるかはわからないけれど、とにかく今私のそばにニャーゴがいる。
一緒に寝れる。離れなくて良い。…幸せで幸せで幸せで顔 ニコ
あらためて自分がどれほどニャーゴに惚れていたかjumee☆love3を噛み締めていました。


えーと、今日が最終回だと思っていた方、スミマセン笑えへっ
自分でもどこが最終回なんだか判らないのですが、とりあえずもう少し続きそうです。
よろしければ引き続きお付き合いくださいませjumee☆beg1Ljumee☆beg1R絵文字名を入力してください

ニャーゴの今後をお楽しみに♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

悪い病気かも!?

いつもありがとうございますすきすきっ
うちの子馴れ初め物語 さとと-開いた本黄」 13回目。
今日は時間があまり無いので、ちょっと短めにスピーディに行きます!

ニャーゴのトライアルの話が決まって確か3日目だったと思います。
いつものように、デートを終えて帰宅した私は、目を疑いましたかお
私のスカートにべったりと血が付いている・!?

なに、これ?・・・なんで?どう考えてもニャーゴのものとしか考えられません泣き顔
だって、スカートの前面が汚れているんですから。
必死に思い返してみても、ニャーゴが元気が無かったようには思えませんでしたが
一般的に動物さんは、体調不良を極限まで隠すと言いますから、
私の印象なんてあてにならないでしょう。

この日の夜遅く、再度ニャーゴに会いに出かけましたが出会えずえーん
ただ、デート現場のコンクリートにかすれたような血痕らしきものがついていました。
「もしかして悪い病気かも」とか「ケンカして怪我したのかな」とかオロオロしながら
内心で見抜けなかった自分を責めていました。

翌日、Tさんにお電話して昼間のニャーゴの様子を見ていただきました。
Tさんからのお話では、あまりしっかりと確認することが出来なかったけれど
とりあえず普通に動いているようだとのこと。
ちょっぴりホッとしましたが、やっぱり自分の目で見るまでは心配が消えません。
この日は剛速球の勢いで会社を出て、いつもより少し早い電車で帰宅しました。

まだほんのり明るい時間帯にニャーゴと出会えた私は、まずおしりをチェック!!
やっぱり・・・・血がついている(涙)
どうしたら良いのかわからずにいる私のところへ、Tさんが来てくれました。
そして、もしかして悪い病気だったら?と心配する私に

「この出血が怪我か病気かはわからないけどね。この子もう妊娠できる月齢なのよ。
最近はオス猫に追いかけられているのも見かけているし、早く避妊したほうが良いかもね。」


そう言って、Tさんはこの地域の野良猫さんを手術してくれる動物病院のことや
値段のことなどを教えてくれました。

そうなんだ。 お気楽に浮かれている場合じゃなかったんだ。
病気かどうかも病院に行けば解決するはずだし、避妊は一日も早いほうが良さそうだし
お話を聞けば聞くほど、今すぐにでも保護した方が安心な気持ちになりました。
そしてダンナさんに事情を話して、翌々日の土曜日をニャーゴ保護の実行日と決めました。

実はもともとの予定では、この土曜日トライアル用のグッズを買いに行くつもりでした。
でも思いがけない緊急事態で買い物をする余裕がありません!
どうしようかと思いましたが、やむを得ない・・・なんとか他のもので代用するしかありません。

でも、本当にありがたいことにTさんが猫用のケージ、ペットシーツ、ダンボール
それに猫砂の代わりの細かく裂いた新聞紙などを全て準備して貸してくださいましたjumee☆thanks1

この決定をした翌日・・・つまり保護の前日のデートの時には
また、例の3人のみなさんが集まってくれました。
男の子は「幸せになれよ!」とニャーゴの頭をなでてくれました。
そして私に、保護の時に万が一ニャーゴがおびえて逃げるようなことがあれば
自分も捕まえるのに手伝うから!と、保護決行時刻に落ち合う約束をしてくれました。
とても心強くて嬉しかった~笑顔

・・・・いよいよ明日ですドキドキ!!

あー、時間切れです汗汗!!(スミマセン。)
保護決行のお話は次回に回しますね。
今日は大慌てなので、絵文字も無くて読みにくいかも・・・お許し下さい。土下座

今日もお読みいただきありがとうございました笑顔キラキラ・桃2

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

「お願いだから幸せにしてやってください!」

今日は関東は暑いくらいの陽気でした太陽2。いかがお過ごしでしたかはてな
うちの子馴れ初め物語 さとと-開いた本黄」 12回目の今日もお楽しみいただければ光栄です顔 ニコ


反対派の人々によって逆に鍛え上げられた頑張るぞ。おーっ。私は、ダンナさんを陥落すべく
日々、いかにニャーゴとの時間が甘く楽しく素晴らしい~ハートものであるかを語りました話す

彼も帰宅途中に私がベンチでニャーゴとデートしている現場を何度も目撃していましたし、
時には短時間ですが一緒にベンチに座ってニャーゴの寝顔を見たりもしていたんです。
ですから、ニャーゴが可愛いことは充分に承知していました。
でもあと一息!彼をウンと言わせる決め手が無いまま数日が過ぎました。
アトピーの辛さを知らない私には、安易に「大丈夫だよ」とは言えなかったし・・・かお
人間やっぱり自分の身体のことって重要だし可愛いものですよね・!?

ちょっと話が横道にそれますが、この時期のニャーゴとのデートは私自身としては
楽しいのとしんどいのとが入り混じっていました。ココロは楽しいかお、カラダは辛いかお・・・。
私はもともと腰が悪かったのですが、ちょうどこの頃ものすごーく悪化していたんです。
とにかく座っていることが吐き気を催すほどにしんどい流れ星号泣
会社でのデスクワーク、帰宅時の電車・・・辛くてじっと座っていることが難しいほどでした。
本音を言えば、椅子が硬かろうと柔らかかろうと関係なく座ることがイヤでした。
それでも今日も待ってくれていたニャーゴを見ると、「おまたせ~笑顔」って座ってしまうんです。
普通に座るのもしんどいのに、少しずつ重くなってきたニャーゴが膝に乗っているのですから
正直に言えば拷問に近かったかも・・・苦笑アップロードファイル
スヤスヤ寝息を立てるニャーゴとはうらはらに、苦痛に溜息ため息をつきながら
(あぁ、せめてこれが家のソファだったら少しは楽かもしれないのにアップロードファイル)と思っていました。
こんなことも、私がニャーゴ家猫化に猛烈真剣ファイトだったひとつの要因でした。

そんなある日。
どう言うわけかは判らないのですが、デート中の私とニャーゴのいるベンチに
既出のエサやりの女性とTさん、そして大学生くらい(?)の男の子がやってきました。
皆さんその団地社宅★nekonosekaiの住人の方でしたし、ニャーゴとの関わりの中で個別にお話したり
顔を拝見したことはありましたが、それが一斉に座っている私の前に立ちはだかり・・・。
私だけが座っているのも失礼な気がして、慌ててニャーゴをおろし立ち上がりました。

当然、最初はニャーゴについて「大きくなった、可愛くなった」みたいな話題でした。
そして、徐々に「この子はやっぱりあなたに飼って欲しいと思っているはずよ!」と。
「こんなに好きなのにこのままでは可哀想だ。」 「この子の飼い主はあなたしかいない。」
・・・表現は個々に違いましたが、その想いはひとつでした。
大学生の男の子は、自分がとても猫好きなのにご家族に大嫌いな方がいること、
また基本的には公団では犬猫の飼育を禁じられている為飼いたくても飼えないこと
ニャーゴにはときどき食べ物猫缶やミルク牛乳を与えていたことなどを話してくれました。
驚いたことに彼は、私が公団社宅★nekonosekaiの住人ではないことを知っていて、こう言ったんです。

     「お姉さんは公団の住人じゃないんだから、猫飼えるんでしょう?
       この猫が幸せになるにはお姉さんじゃなくちゃダメだよ。
           お願いだから、幸せにしてやってください!!」


そして私に向かって深々と頭を下げましたぺこり

なんだろう。なんか表現できないですね、あの時の気持ちは。今でも泣けてきます泣き顔
単純に嬉しいでもなく、感動でもない。もちろん重荷を感じたとかではない。
だけど赤の他人の私に公園の野良猫を幸せにしてあげて欲しいと頭を下げる人がいる。
その事実が胸の深い部分にズーンと響きました。
ありきたりな言い方にしかならないけれど、想いに応えよう、応えたい・・・って思ったくり抜きハート1

少し前まで自分の周りはニャーゴ家猫化に反対する人ばかりだと思っていたのに、
まったくの他人が3人もそろって私とニャーゴを応援してくれている・・・jumee☆CheerYouUp1はた
ありがたくてありがたくて、益々ダンナさん説得への力がわきました頑張るぞ。おーっ。

その夜、この話を聞いたダンナさん。
「実際にやる前にアレコレ考えても、どうなるかなんて解らないから、
とりあえずお試しで数日間様子を見て、その結果で最終判断をしても良いんじゃない?」

と言ってくれましたjumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R
完全OKではなかったけれど、トライアルはOK笑顔。 大きな大きな前進でした泣くさとと-ピンクハート

こうして「ニャーゴのトライアルのための話し合い&準備」が始まりました。
家に迎えるとなればトイレやケージ、ごはんなどあれこれ必要です。例えトライアルでも。
またどんな風に連れてくるかも重要になるので、いろんな猫を保護した方のサイトなどをみて
勉強させていただきました。
はっきり言いましょう絵文字名を入力してください真剣度比率は『仕事2:ニャーゴ関連の調べもの8』苦笑
もう一日中寝ても冷めてもニャーゴのことでしたえへ(爆)

よく旅行に行く前の準備期間が一番ワクワクして楽しいっていうじゃないですか・!?
あれと近かったと思いますが、とにかくウキウキラブいっぱいでワクワクアップロードファイルで嬉しかった~笑顔

・・・・・が のんきに浮かれている場合じゃないことが起きましたガーン

すみません~、続けようと思いましたが、あまりにも長くなったのでここで切ります土下座
続きはまた明日までお待ちくださいませきらきらはーと

今日も長々とおつきあいありがとうございました笑顔キラキラ・桃2

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

外堀を埋める

こんにちは!
お付き合いいただいております「うちの子馴れ初め物語 さとと-開いた本黄」も
じりじりと架橋に入りつつあります笑 毎回じりじり進行でスミマセン~jumee☆sweat2Rb
今日は第11回目ハート今日もよろしくお願いしますぺこ四葉のクローバー

私の中ではニャーゴを家族として迎えようと言う意志が固まりつつありましたが
やっぱり自分だけで決めるわけには行きません。ダンナさんとも相談しないと・・・。

日頃から私のニャーゴへの激愛ぶりを理解してくれていた我がダンナさんですが
家に迎えるとなると、やっぱり簡単にOKOKは出してくれませんでした。
理由としては、以前の記事にも書きましたが、
留守中の家のメンテナンスのことや ニャーゴ自身ねこのストレス・安全度。
そして元野良ちゃんだから虫を持っているのではないか?

・・・というのが大きかったです。
私には経験が無いのでわかりませんが、子供時代アトピーだった彼的には
もしかしてその虫(例えばノミやダニ)でアトピーの苦しみが再発したらどうしよう?
と言うような不安感があったようです。

ニャーゴとダンナさんの身体のどちらかを優先するとなれば、
この時点ではどうしてもダンナさんの身体を優先するべきに思えましたので
ニャーゴの家族化への道も停滞期に入ってしまいました絵文字名を入力してください

さらに。
ある日いつものようにベンチでニャーゴに膝を貸しているとき、携帯携帯がなりました。
実家の母からです。
母からの用件が済んだ後、さりげなく切り出してみました。
いまね~。うちのそばの公園に猫と一緒にいるんだよ。すごく懐いてて可愛いのふきだしハート
最近毎日会社の帰りに待ち合わせして私のひざで寝るんだ~ニャンコ先生1。」

・・・・と、この辺まで「あら、そうなの。」とか「ふ~ん」とかの相槌で聞いていた母。
何かのレーダーでも働いたんでしょうか?! 突然言い出しました。

「あなたにお話しておくけどね。その猫絶対に飼うなんて言わないでね。
そんなことしたら親子の縁を切るからね!!」


ちょちょ・・・ちょっと待ってよ~マジ!まだ何にも言っていないのにその牽制はなんですか!?
激しく動揺しつつも、「え・・・?なんでそんなに言うの?」と聞いてみると
母は子供時代の体験から、猫でなくても自分の足元に動物がまとわりついたりするのが
たまらなく怖いんだそうです。
父にいたっては子供時代、飼い犬のごはんを取ろうとした野良猫を追い払おうとしたら
その怒った野良猫に激しく顔を引っかかれて猫パンチ目元だったので失明の危険があったとか・・・。

う・・・流れ星長年親子をやっていましたが、こういう猫嫌いの両親の元では
猫に関する話題が出るはずもなく、まったく初耳の話ばかりでしたかお
電話と言えども、母親の「絶対反対・断固反対ムッの気迫は半端ではなく、
どんよりと「わかった・・・」というのが精一杯でした・↓

しかも、私の妹も猫が大嫌い。(これは知っていました)
駄目押しで、ダンナさんのお義母さんも猫は憎たらしいと言う人でした。
手入れした庭を荒らされるから・・・。

八方ふさがりってこと・!?困り顔
家族に迎えるならできるだけ円満にみんなに祝福ハートされて迎えたいと思っていたのに。
ご丁寧に数日後には妹からまで 
「お姉ちゃん。ママに聞いたけど猫飼うの?じゃあ、もうワタシお姉ちゃんちに行けないね」
なんて電話が来る始末アップロードファイル。親子タッグを組んでニャーゴ家猫化を阻止する気らしいむぅ…
しばらくどん底気分で過ごす日々が続きました。

が、今後冬に向かうことを考えたら、グズグズしている場合じゃないことも解っていました。
それに、ここまで反対派が多いと逆に腹が据わるのかもしれません。
なんだかちょっと駆け落ちっぽい・!?えへっ
アニマル○口さんではないですが、私の中でも徐々に「気合だ気合だ気合だ~頑張るぞ。おーっ。
みたいな思いが盛り上がってきました炎笑

埋めようと思った外堀が思っていたよりも幅広で深かったのなら、一気に埋めることは無い。
とりあえず一番身近にあって、多分・・・一番細く浅い堀(=ダンナさん)から埋めてみよう。
そんな風に気持ちを切り変えて、ダンナさんとの再交渉に入りました。

そして時期を同じくして、事態は一気に急展開を始めることにはてな(このお話はまた次回ニコッ♪

今日もお読みいただきありがとうございました笑顔キラキラ・桃2

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

愛の手作り食?

とうとう10回目を迎えました「うちの子馴れ初め物語 さとと-開いた本黄
予想以上に長編(?)になっていますが、飽きずにお付き合いいただければ嬉しいですぺこ四葉のクローバー
今日はゆらゆらふわふわの日々に起きた出来事をお送りしますハート

ニャーゴにはいつも複数の方がご飯猫缶をあげてくれていましたが、
ある日、何かの理由で食べ損ねたのか、私とのデートの最中にも落ち着きがなく
膝から飛び降りてはウロウロしていることがありました。

最初はなんだかよく解らないままに見ていたのですが、
そのうちニャーゴが公園に設置されたゴミ箱に上半身ダイブごみばこ羅琉 喜!?
見ていた私は ギョギョギョッ!!としてとっさに叫びました。

「ニャーゴやめなさいにゃろめー!!
  そんなお行儀の悪い子に育てた覚えはありませんよっ」


・・・?
 ・・・・??
  ・・・・?jumee☆whyLイヤ・・・育ててないだろ~かお・・・叫んだ瞬間に自分ツッコミを入れる私かお

叫んだ私もビックリしましたが、叫ばれたニャーゴもさぞやビックリしたことと思いますねこ

とにかく、例え公園にいようとも私の気持ち的にはすでにニャーゴは我が子だったので
自分の目の前でゴミ箱にダイブされたのでは親としてのプライド的な物が・・・・ねぇ苦笑2
と言うわけで、ゴミ箱にすがりつくニャーゴを引き剥がし、懇々と言い聞かせました。
「そんなにおなかが空いているなら、いま私が食べるものを持ってくるから
お願いだからここにいて動かないでね!変なもの食べたらおなか壊すから絶対やめてね×

そしてダッシュ逃げるで家まで戻りました。(件の公園と我が家は走れば2,3分の距離です)

さて、家のキッチンで「すきすきっ猫が喜びそうな食材はさかな?」と猫素人なりに考えて、
卵にツナ缶と人参のみじん切りを加えて軽く火を通しスクランブルツナオムレツにグー
使い捨ての容器に入れてふたたび公園めがけてダッシュしました逃げる
思えばこれが私が愛猫のために作った初めての手作り食でした笑

公園の手前でテケテケ猫足歩いてくるニャーゴに鉢合わせし、愛の手作り食を差し出すと・・・
ムッチャムッチャムッチャムッチャ・・・夢中で食べてくれましたうわぁ・・・。やったぁハート

ニャーゴが私のあげたご飯を食べてくれる光景は、想像以上に幸福なものでした笑顔
以前の記事で 「ニャーゴにご飯を与えない」というMYルールについて触れましたが、
この時の私には、その禁を破ることへのためらいがありませんでした顔 ニコ
この先のニャーゴに対して責任を持とう!という意志が、自分の中で確立していたから。
ちょっとずつだけど、ゆらゆらふわふわの状態から前進していたようですjumee☆shy1

ところで・・・。
一度、美味しそうに食べてくれる光景を見たら、また喜んで欲しくなるのが人情です。
次にニャーゴが空腹の素振りを見せた時、バカ親候補生は俄然張り切りましたガッツ
そしてスーパーに走り・・・・・また「ある食材」で手作りご飯をつくりましたkao01
さて、「ある食材」とははてな

懺悔します土下座土下座土下座
ニャーゴへの愛は海より深く、猫知識はとんでもなく浅かった私は、
「猫缶なんて安っぽいものをニャーゴに与えるのはイヤやる気ふんっ」と鼻息も荒く
さ・・・・さ・・・・さばの水煮の缶詰を使ったのでした流れ星
さばの味噌煮缶じゃなかったことをせめて喜んでください・・・にゃはは苦笑汗2
とにかく猫用の缶詰より人間用の缶詰の方が品質も良く安全だと信じていました。

でも盛り上がる私のココロとはうらはらに、この日の食べっぷりは中途半端ショック!?
またパソコンで猫の食事について調べた私は、
注意マーク人間の食材の塩分量は猫には強すぎること
注意マーク(間違った)愛の手作りご飯よりは、猫缶やカリカリの方が猫の身体には良いこと、
など、自分のとんでもない誤解を知るのでしたかお

こうして、あっけなくフェイドアウトした「ニャーゴへの愛の手作り食さとと-ピンクハートハムエッグ」。
ひょんなことから手作り食を再開する日が来るとは、この時は思ってもいませんでした。
(こちらも愛猫の成長記録なので、機会があれば、また書かせていただきますね~顔 ニコ

今日はちょっと長くなりましたにくきう 最後までお付き合いありがとうございましたにこ

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

ゆらゆらふわふわの日々

こんばんは~2つ星 今日もお疲れ様でしたお風呂
うちの子馴れ初め物語 さとと-開いた本黄」本日は第9回目。お楽しみいただければ嬉しいですふきだしハート


Tさん宅にお邪魔したことがきっかけとなり、ニャーゴとの暮らしをビジュアル化し始めた私。
ビジュアル化された家猫ニャーゴとの情景は、概ね素晴らしくステキな情景でしたハートありがとう
だって~笑顔振り向けばそこにニャーゴがいるすきすきっ
時間を気にせずに、ニャーゴを抱っこできる。
可愛いお顔を明るい中でゆっくりと見つめられるうわぁ・・・
寒い日風も暴風雨台風の日も危険から守ってあげることが出来る。
きゃ~~~っ素晴らしすぎっっうわぁ・・・ハート
もうもう、バカ親候補生の妄想は止まりませんえへ 電車内でにやけちゃうこともありました。

だけど一方で、実際にはこんなに良い事ばかりじゃないよ~ふむ。っていう、
厳しく冷静な私の声が表面化するときも多々ありまして・・・。
ほとんど1日中、ひとりで留守番させられるのはてな
家具は大丈夫?爪とぎでボロボロになるかもよアップロードファイル
アトピー暦のあるダンナさんの体には影響ないの?
家に閉じ込めたらニャーゴのストレスが溜まってねこ可哀相じゃない?
旅行とかはどうするの!?
考えれば考えるほど、ウームむぅ…困り顔・・・と眉間に縦シワが寄ってきました。

「にやけ」と「縦シワ」とは1日交代にやってくる感じで、ゆらゆらふわふわの毎日。
「ニャーゴと暮らしたいキラキラっていうポイントだけはズレないんですが、
自分の中にやじろべえでもいるみたいに、ゆらゆらふわふわ・・・・。

「あーもう、じれったい怒り」って思われている方多いんじゃないでしょうか苦笑い
当時の会社の人や友人にも、散々言われました。
「そんなに大好きなのに、何をもたもた悩んでるのっ。早く飼い始めれば良いじゃんえーん」って。
自分でも呆れちゃうんですけどねー。頑固なのか、優柔不断なのか・・・。
多分、慎重すぎるのかな。

私にとってニャーゴという存在を引き受けることは、決して簡単なことじゃなかったんです。
お外でデートしている時のように、可愛い楽しいだけじゃ済まないことは承知していたし、
うまく言えないけれど、「ひとつの生命」を預かるのだから、勢いで決めちゃいけない!!
という責任感・・・プレッシャーも感じていました。

そんな自分の正義感に惑わされている間に、本当にお外で事故にあったらどうするの・!?
さっさと引き取った方が、絶対にニャーゴのためでしょう・!?
・・・そういうご意見もあるかもしれません。確かにそれもごもっともだと思います顔 ニコ

でも、私はこのゆらゆらふわふわの半月を後悔はしていないんです。
悩んで迷ったとしてもやっぱりニャーゴと私は家族になる運命だったのでしょうハート
運命って書くとちょっぴり怪しく感じるかもしれませんがえへ
私たちが家族になるためにいろんな力が働き始めました。 
どんな力って?アップロードファイル それはまたの機会に~四葉のクローバー

今日はこの辺で終わりにしますねにくきう ご愛読本当にありがとうございますにこ

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

こんなに違うんだ・・・。

昨日とは打って変わっての寒空です風。いかがお過ごしでしょうかはてな
今日も「うちの子馴れ初め物語 第8回目さとと-開いた本黄」をお送りしますね。キラキラ・桃2

Tさんとの出会いによって私が知ったものは、ニャーゴをはじめとする公園の猫さんの
予想以上に厳しい現実だけではありませんでした。

当時Tさんのおうちには、Hちゃんという女の子の猫さんがいましたねこ2
初めてお邪魔した時に驚いたのは、ニャーゴとHちゃんとでは雰囲気が全然違うんです!
もちろん毛並みや表情も全然違う。
一言で言えば「ゆとりがある子すきすきっニクキュウ」と「生きるのに精一杯な子あせあせ」的な感じかな~!?
私の中では、毎日のようにデートしてその時の私に出来る愛情は注いでいたつもりだったし
お顔だって誰よりも可愛くてチャーミングで・・・キティキラキラ
正直、ニャーゴに勝てる子なんているわけ無いとさえ思っていました。はははえへっ

なのに、この違いはなんだろう・・・ふむ?
Hちゃんは明るい室内で優雅に幸せそうにキラキラきらきらはーとしている。
ニャーゴには、このにじみ出るゆったり感や穏やかさが無い。
「こんなにも違うんだ・・・顔-ビックリ2」 これは、結構な衝撃でしたjumee☆BrokenHeart1

加えて私は猫がいるご家庭にお邪魔したのも初めてだったんです。
(友人や親戚も猫飼いはいなかったもので)
家に猫がいる空気や室内の様子なども勉強になりました。
こういうのって、ネットの情報や人からの伝聞ではどう頑張っても感じ取れませんよね。
Tさん宅から感じたのは 「あぁ、猫がいる家って居心地良いんだな顔 ニコ」って感覚でした。

私がTさん宅にいる間、ニャーゴはTさん宅の玄関前をうろうろしながら待っていたようです。
(ニャーゴ的には自分と私のデート時間を割かれているので無理もないけど汗2
私がおいとまして玄関を出ようとドアを開けたら、ニャーゴが中に押し入ろうとしたんです猫パンチ
Hちゃんとの絡みもあるので阻止しましたが、その姿を見たときはすごく複雑でした涙

その日公園をニャーゴと歩きながら「ニャーゴも家の中に入りたい・!?」って聞きました。
当然、ニャーゴの答えは解らなかったけど・・・jumee☆shy2
さっきまで触っていたHちゃんのフカフカツヤツヤの毛並みと比べたら、どう頑張っても
ごわごわに感じてしまうニャーゴの毛をなでながら、ちょっぴり悔しいと感じていました困り顔
そして、これほど良くして頂いているTさんには申し訳なかったけど、こう思いました。
「もしもニャーゴがうちの子になったら、絶対にHちゃんよりもキラキラな幸せな猫にするハート

こんな風にして、家にニャーゴがいる情景は徐々に私の中でビジュアル化し始めました。
(当時は知らなかったけれど、自分が「こうなりたい」と願う情景を、なるべく具体的に
ありありとビジュアル化する事は、その願いを実現するのにとっても効果的だそうですよグー!

それでは次回もお楽しみににくきうご愛読感謝感激です絵文字名を入力してください

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

差し出された手

今日は1日冷たい雨が降っていますね傘
さて、「うちの子馴れ初め物語 第7回目さとと-開いた本黄」はじまりですキラキラ・桃2

昨日の記事の終わりに書いたように、季節が変わり日がくれるのも早まって月
ニャーゴとのデートでも公園の電灯だけでは、ニャーゴの顔が見えにくくなってきました。
それでも、毎日のようにベンチでニャーゴをひざに乗せていたある日のこと。

ひとりの年配の女性が私たちのほうに近づいてきました。
そして 「あなた、これウチの電話番号だから。」とメモmemoをくれたんです。
一瞬 『はっぽかーんはてな』だった私に畳み掛けるように彼女が言うには、 
「若い女の人が毎日こんな暗いところでずっと座っていたら危ないし、
ウチはここの目の前だから、もしなにか怖いことがあったらすぐに電話telして。
飛び出して駆けつけれるからダッシュねっアップロードファイル」。
彼女が指差したのは・・・ホントに目の前の家でした社宅★nekonosekai

もちろん、すごくビックリねこしました。でも、それ以上にありがたかった・・・ハート
多分この時期の私はニャーゴとのデートの楽しさと同じくらい、しんどかったのかもしれません。
特に「変なヒト」呼ばわりされてからは、肩肘張っていてもきつかったんでしょうねションボリ
ありがたく電話番号メモmemoをいただき、ニャーゴについてふたりで語り合いました。

その方は、ニャーゴにごはん猫缶をあげてくれている中のおひとりでした。
(以前の記事に書いた「あなたを待っているんだよ」と教えてくれた方とは別人です。)
私が知らない昼間のニャーゴのことや、一般的な猫についてのあれこれも教えてくれました。
公園の猫が出会ういろんな体験や、ご飯をもらう時のバトル。行動半径の話。
ネットで得る情報よりもリアルに心に響きました・・・

この日から、彼女・・・Tさんはときどき私たちのデートの途中に参加してくれるようになり
ときには「帰ってからご飯を作るのでは大変でしょうから。」と言って
手作りのおかずお弁当をたくさん差し入れてくださることもありました。しかもメチャうまなんですうわぁ・・・
お言葉に甘えてTさんのお宅にお邪魔したり、良き相談相手を得てすごく嬉しかった顔 ニコ
大げさに聞こえるかもしれないけれど「救いの手が差し伸べられたほっ的な感覚でした。

相談相手ができると言うのはとても大きいものです。
それまでは、どこか足踏み状態だった私の気持ちが
「ニャーゴと暮らす」ことを前提にして動き出したのがこの時期だったと想います。

公園でデートするのではなく、家でニャーゴと暮らしたいハート
自分が知らないうちにニャーゴが誰かに連れて行かれるのではないか?
という不安ハラハラから解放されたい。
いまよりも一分でも一秒でも多くニャーゴを見ていたい笑顔
ベンチに座りながら、ニャーゴの散歩に付き合いながら、お別れのバイバイをしながら
ココロに生まれた(というか多分以前からあった)想いを素直に受け容れるようになりました。

あのときTさんが声をかけてくれていなければ、多分まだまだ自分だけで悩んでいて
ニャーゴと暮らすことに前進していなかったかもしれません。
そういう意味でもTさんには本当に本当に感謝なのでしたjumee☆heart4
私は今のところ、このときの私と同じようなシチュエーションの方に
実際に出会ったことはありません。
でも、もしもこの連載が、あのとき私がTさんに手を差し伸べていただいたように、
現在お外の子と暮らすことに迷いがあったりどうしても最後の一歩が踏み出せない汗2
・・・と言う方への小さな応援になれば・・・とっても幸せです~キラキラはーと

それでは今日はこの辺でにくきう 次回もお楽しみに♪

あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

変なヒトだから見ちゃダメ・・・!?

こんばんは~2つ星
今日も行きますグー! 「うちの子馴れ初め物語 第6回目さとと-開いた本黄

ニャーゴとのデートは日に日に密度が濃くなっていきましたjumee☆love3すきすきっ

実はこの団地内の公園、数棟に面していて、しかも駅までの通り道になっているため
非常に人通り&人目が多いんです。
そのベンチに妙齢の(!?)オンナがネコをひざに乗せてじーっと座っているわけです。
それも1時間も・・・笑。当然、私は人々の興味の対象になり始めていました。

あるとき男性が「何しているんですか?」と聞きました。
「ネコを寝せているんですぐーぐー。」「・・・・・は~・・・・・jumee☆whyL
「猫を抱いている」ならともかく、「猫を寝せている」ってあんまり言わないですよねアップロードファイル
呆然とした男性がおかしかった~苦笑い

また別の日。団地の窓から男の子が叫びました。
「何しているの!?」 「猫が寝ているからひざを貸してあげているのよ~ニャンコ先生1

私のそばを自転車で通りかかった女の子とお母さん。
女の子がお母さんに 「あのヒト何しているの・!?」と聞きました。
おそらくしばらく前から私の存在を知っていたのでしょう。
お母さんがじろ睨みっとこちらを見て言います。
「猫にしか好かれない、猫としか仲良くなれない変なヒトなのよ見ちゃダメよ!むすっ

・・・・腹が立たなかったといえばウソになりますね~。メッチャ腹立たしかった困り顔怒

この少し前に、ニャーゴとのことを知っているお友達(・・・彼女も別の公団住まい)から、
「公団は隣近所との付き合いが密着型だから、公団の住人じゃない人間(=私)が
敷地内にいるだけで目立っているんだよ。
それが、毎晩ネコ乗っけてジーッと座っていたら目立ちまくりだよ~」と言われ
自分がそのエリアで悪目立ちしているんだろう、ということは認識していましたから、
ちょっとくらいのことは、正面向いて受け流そうと思っていましたが
「ネコに好かれる・ネコと仲良し」=「変な人間」という表現をした母親が私に向けたまなざしは
ホントに汚らわしいものでも見るようなまなざしで・・・悔しかったですむ~
なんて言うのかなぁ・・・。私に向けたまなざしの奥に、
ニャーゴや野良猫に対する「嫌悪感」みたいなものをありありと感じちゃったんですよね。
汚いものと仲良くしている汚いオンナ・・・っていう感じで。

それでもおなかにぐっと力を入れて我慢しましたむぅ…
ニャーゴとのひとときを失う方がイヤだったから。
確かに世間的に見たら変なヒト、怪しいオンナだったとは思うけど、負けたくなかったんです。
逆に言えば、その強さを私に与えてくれるくらい、ニャーゴのパワーがすごかったのかもさとと-ピンクハート

でも。
その時期ネットでいろいろ調べ始めて、野良ちゃん、公園猫さんの厳しい現実を知るにつけ、
「いつまでもこのままの状態を続けて良いのかなjumee☆uuummm1a。続けて行けるのかなはてなふむ汗2
というモヤモヤしたものが自分の中に生まれてきました。
季節は9月。そろそろ日が落ちるのが早くなり、
ニャーゴとのデートもちょっぴり肌寒さを感じるようになった頃のことでした。

さて、今日はこの辺までにしま~すにくきう また読んでくださいね顔 ニコくり抜きハート1


あなたのポチで頑張れます♪クリックしてね。
ペットブログランキング

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

キミのニャ(名)は!?

いつの間にやら「うちの子馴れ初め物語」とタイトルがついているこの連載笑
早くも5回目を迎えました。 今日もよろしくお願いしますぺこハート


連日の記事で「仔猫、仔猫」と書いておりますが、実は呼び名をつけてありました。
しかも6月の再会の翌日にはすでに・・・(笑)えへ

その名は  『ニャーゴ』

ま・・・まぁ、そのまんまと言われればそのまんまのネーミングなんですけどねねこ
でも私的には結構気に入っていたので、会うたびに
『ニャーゴただいま』 『ニャーゴお待たせ』 『遅くなってごめんね。ニャーゴ』などなど、
ニャーゴニャーゴと話しかけておりました笑顔
名前がつくと、やっぱり情もどんどん深くなるものです。
もはや私にとっては仔猫は大事な大事な「私のニャーゴjumee☆love3になっていました。

と・・・ところが
ある日私の耳に入ってきた情報によれば、仔猫は別に2つほど名前を持っているらしい!?ショック

ひとつは小学生たちがつけた名前で 『チャッピーキラキラ

もうひとつは・・・・・・・・・スミマセン、度忘れしました ごめん汗2

が、とにかく私が会社に行っている間の「ニャーゴ」は「チャッピー」になっているそうで・・・。
ガガーン失恋アップロードファイル

『ニャーゴ』 VS 『チャッピー』・・・・どことなく私の中に敗北感が・・・。
チャッピーのほうがややセンスが良いっていうんでしょうか!?
小学生、あなどれんえーんアップロードファイル

でもやっぱり、ニャーゴはニャーゴでしたグー

ある日曜日。いつもの時間ではない時にエリアを通りかかったら、
ニャーゴが私のいる歩道とは車道をはさんで反対側にいるのが見えたんです。
「ニャーゴ~☆jumee☆heyと呼んだら、まっしぐらに走って来てくれましたうわぁ・・・
思わず 「やっぱりニャーゴはニャーゴだよね~オンプ顔 ニコ」なんて嬉しくなってしまったハート
そうそう。キミのニャ(名)は「ニャーゴ」だよにこにこ

あ、でも後でこの話を聞いた猫に詳しい方には、
「だめよ!車道を挟んで呼んだりしたら、車に轢かれる可能性があるんだから危険!
と叱られましたけど・・・汗汗
ニャーゴへの想いは高まってきたけれど、やっぱり猫知識は乏しい私なのでした困った

でもこの事もきっかけとなり、この頃からネットパソコンで「猫・野良猫の世話」などで検索し、
少しずつですが猫に関する知識や情報を得ようとし始めました。

今日はここまででおしまいにくきう また次回をお楽しみに顔 ニコ


いつもありがとうございますクリックしてね。
ペットブログランキング

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

公園デートメニューあれこれ

こんにちはハート
今日も「うちの子馴れ初め物語」を続けさせていただきますねぺこハート


6月からスタートした私と仔猫のデートハート
ベンチで私のひざを貸す・・・まぁ、簡単に言えば「人間ベッドさとと-ベッド」が定番だったのですが、
大体1時間くらいで 「そろそろ帰らなくちゃいけないから起きて! と声をかけるんです。
猫好きの皆様ならお解かりでしょうが、こんなとき猫は妙に可愛く伸びをして顔を隠してみたり
寝返りを打ったりして「まだイヤ~ンニャンコ先生1jumee☆faceA82」ってアピールをしますよねニヤニヤ
当時、猫知識0だった純朴な(!?)私は、それを見てついついこう思います。
(きっと昼間は安心して寝ていないのね泣き顔…仕方ないわ。あと15分だけ寝せてあげようキラキラ・桃2

そして、あと15分は20分になり、30分になり・・・。さすがの私も焦り始めますふむ汗2
心を鬼にして、ひざの上から仔猫を下ろし 「また明日ねバイバイ と言うと、
しばらく考えている気配なのですが、そのうちトコトコ歩き出しました。
私も仔猫にもう一度バイバイを言って背中を向けて・・・家に向かう・・・はずが・・・。
途中で振り返ってしまうんですよね~kao04。 ぼ・・・墓穴堀り流れ星
振り返った瞬間に私のほうを見てジーッとたたずんでいる仔猫ねこ♀と目が合ってしまいます。
目が合った仔猫は、ぴゅ~~ん猫足と軽快に走ってきます(当然ですネ苦笑
仕方が無いので、帰宅経路を少し変更して遠回りし、仔猫のお散歩にお付き合いハート
それが新たな日課になりました。

すでにこの時期から親ばかえへっの片鱗を垣間見せ始めていた私は、
「うちの」仔猫が誰よりも可愛いと思っていました。爆笑
(こんなに可愛いんだから、誰かにさらわれ・・・イヤ、拾われちゃうかもしれない号泣
ですから、散歩中に通りすがりの人が「あら~、猫!かっわいぃ~ハート」なんて言おうものなら、
内心(その子私の猫ですから)って言いたい衝動に駆られながらハラハラしていました。
たまにはわざとらしく 「そろそろ行くよ!」 なんて声をかけたこともあります土下座スミマセン。

また、あるときは仔猫がトラックの荷台さとと-トラックに飛び乗ったことがあるのですが、
飛び乗ることは出来ても、まだ飛び降りることが出来ない時期だったようで
「あう~ん、なう~ん」と鳴きながら荷台で右往左往しているんですよ。
「このまま降りれなくて、トラックが動いたら二度と会えなくなっちゃう汗 と
本気で心配して、なんとか降ろしてあげなくちゃ!と私まで右往左往したことも・・・jumee☆shy1

大きな猫に追いかけられて木さとと-木に登ったは良いけれど、やっぱり降りれなくなった仔猫を
何とか救出しようとオロオロした日もありました。

他にも台風でいつもの時間に会えなければ、台風が去ったあとの夜中に探しに行ったり、
草むらで虫アリを捕まえようとしている割には、いまいち違うところを見ているのがおかしくて
「ここだよ!こっちにいるよ」 なんて教えてあげたり・・・楽しかったなぁ笑顔

団地内の公園は子供もたくさんいます。
ある日私が行くと、ちょうど数人の女の子が仔猫を囲んでいました。
仔猫はちょっと硬くなったような状態だったのですが、
私がいつものベンチイスに座るとひざに乗ってきました。
それを見ていたひとりの女の子が「抱かせて~アップロードファイル」と言って仔猫に手を伸ばしたんです。
すると、仔猫は私のジャケットの裾からもぐりこみ、背中側の奥へと隠れてしまいました。
女の子は「なんで~。ズルイ怒り」と不満そうでしたが、どうしても仔猫を渡す気にはなれず
「ごめんね。猫ちゃん眠たくて、いまは抱っこされるのイヤみたいだよ」 と断りました。
断りながら、「この仔猫は絶対に私が守るんだ」みたいな妙な使命感が芽生えていました。
8月の終わり・・・。公園デート開始から約2ヶ月が過ぎた頃のことでした。

ではでは今日はこの辺でjumee☆faceA201R6
また続きもお楽しみいただければ嬉しいです笑顔

いつもありがとうございますクリックしてね。
ペットブログランキング



テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

どうして私なの??

こんばんは手書き風シリーズ星
うちの子馴れ初め物語・・・第3日目で~すこちら


私のひざで眠るのが日課になった仔猫。
最初は私の姿を見つけてから「約束のベンチ」へ移動していたのですが、
そのうちにベンチの上でスタンバイしているようになりましたイスハート

当時の私の帰宅時間が大体19時前後でしたが、やはり時には遅くなることもあります月
そんな日は当然、仔猫の姿もベンチやエリア内で見つけることが出来ず、
どうにもこうにも心配と言うか寂しいと言うか不安な気持ちになりましたkao06

でも、それは私だけではなかったみたい・・・ぽかーん!?

ある日、仔猫がひざで寝ている時にネコご飯を下さっている方が私に話しかけて来ました。

「この子ねー。お姉さんのことがホントに好きなんだわ。
私とあと数人がご飯猫缶をあげてるんだけど、普通は食後もその場でくつろぐものだけど
この子はご飯食べるとサッサとどこかに行ってしまうニクキュウニクキュウ
なのにアナタが帰ってくる時間になると、どこからともなくここに現れて待っているのよ。
帰りが遅い日はずっと待ち続けてとけい、来ないと解ると諦めてどこかにいなくなるんだよね。
お姉さんに会いたくて来ているんだね。
私には、こんなに安心した顔は見せたことが無いもの。ホントに好きなんだわね~ガール。」


その話を聞いた時、すごく嬉しいのと同時に不思議な気もしましたきらきら

だってね。当時の私のスタンスとしては、猫を飼う・・・なんて想定外でしたから、
無駄に食べ物を与え、期待をさせておいて最終責任を負えないのは失礼だ!と考え、
自分なりに「絶対に食べ物を与えない猫缶×」というルールを決めていたんです。
(冷たいと思われるかもしれませんが・・・汗2
普通、生きるうえで食べ物は絶対に必要だし、食べ物をくれるかどうかは
野良ちゃんが人間に懐く上で、かなり重要なファクターじゃないかと思うんですよ。
だからココロのどこかで(ご飯くれる方には勝てないよね泣き顔)みたいな想いがありました。

なのに・・・ご飯あげていないのに・・・私で良いの・!? どうして私なの・!?

聞いてみたけど、答えは解らず(笑)。
でもその後、別のご飯を下さっている方にも何度か同じようなことを言われるうちに、
私のココロの中での仔猫の存在感や愛しさがそれまで以上に増してきましたハート
同時に毎日のひざの上の仔猫の重みが少しずつ増えていくのも感じ始めましたニャンコ先生1
あぁ、この子私の上で毎日成長しているんだなぁ~くり抜きハート1なんかシアワセかも顔 ニコ

こうなると、毎日のデートも俄然盛り上がってきました(ねこ爆)

と言うわけで、明日は公園デートニクキュウ絵文字名を入力してくださいのお話に進みま~すアップロードファイル

いきなり寒くなりました。体調崩されないようにお気をつけ下さいねjumee☆flu3

明日も読んでね!クリックしてね。
ペットブログランキング

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

神様ありがとう♪

なんだか今日はず~っと雨傘でしたね。今日も1日お疲れ様でしたコーヒー&ハート

うちの子馴れ初め物語・・・第2日目スタートですこちら

2002年の6月。仔猫の姿を見なくなってから約3ヵ月半。
会社からの帰宅途中に例の団地の敷地内にある自転車置き場に猫影ねこ♀を発見!!
その猫さん、どういうわけか自転車のサドルに乗っているのですがさとと-自転車ピンク
またまた両手両足そろえての直立不動姿勢(・・・って言うのかなはてな)。
もちろん、それまでにも他の猫さんの姿は見かけていたし今回もそうかもしれない。
だけど、なんとなぁ~く雰囲気に見覚えがあるようなはてなjumee☆b
あのやたらとシャッキリした姿勢はもしや・・・びっくり・!?
・・・と言うわけで、そっと近寄ってみると、以前よりサイズは大きくなっているけれど
やっぱりあの時の仔猫猫のような気がします。

「もしかしてあの時の子?」・・・目を見ながら問いかけてみたら。
直立不動だったその子が、前足をにゅ~っと伸ばして私の胸に触れたんです猫
相変わらずニャーとも鳴かないのに、小さな手の先が胸に触れた時、
どうにもこうにも愛しくて・・・うまく言えないんだけど感動で鳥肌が立ちましたjumee☆excite2
「生きててくれてよかった」とか「また会えて嬉しい!」とかいう感情は後付で来たけど
とにかく皮膚表面は鳥肌、ココロの奥のほうではあったか~いものが流れる感じで・・・顔(きらきら)
別に宗教がらみでもなんでもなく、自然に「神様ありがとう泣くハート」と思えてなりませんでした。

こうまで書くと(いよいよお引取りか)と思われる方も多いかと思います・・・アップロードファイル

で・・・でもですね。基本的に猫の扱いなど知らないしチンプンカンプンjumee☆whyLだった為、
この感動的なシチュエーションの中で自分が何をすれば良いのか判らないんですよかお
にゃははねこ
結局、抱き上げもせず「元気でいたんだね~。心配していたんだよ。大きくなったねくり抜きハート1
みたいなことを話しかけて、その日はバイバイバイバイしました。(をぃをぃアップロードファイル汗

次の日から、仔猫は朝も帰宅時間帯にもそのエリアに姿を見せるようになりました。
朝は相変わらず時間が足りないのですが、帰宅時には少し離れたところから見つけて
「ただいま~」と声をかけると一目散に私のほうに走ってダッシュくるようになりました。

ある日「ただいま」としゃがみこんだ私のひざ(スカートの上)に、仔猫がよじ登ってきて
何を思ったか私のスカートの上でコテンと寝てしまったんですねこ
え~!?とびっくりしましたが、あまりにも可愛い姿でおろすのも忍びないし・・・。
かと言って、ずっとしゃがんだままでは足がしびれるので、
近くにあったベンチに仔猫ごと移動し、しばらくの間そのまま寝せておきました照れ笑い

それからと言うもの、ベンチでのお昼寝タイムは私たちの恒例行事になりました月
仔猫は、私の「ただいま!」の声で約束のベンチへと走りますダッシュ
私がベンチに座るのと同時に、仔猫がひざに乗ってきて毛づくろい&お昼寝ねこ
毎日1~2時間程度だったでしょうか。。。
自分のひざの上で仔猫が寝ているというのは、なんとも幸せ顔 ニコで不思議な光景でした。
仔猫の体重を感じながら、寝息を聞きながら・・・・・・
また(神様ありがとうハート)と思っている私がいました。

今日はこの辺で~。明日以降も引き続きお楽しみ下さいませくり抜きハート1

明日も読んでね!クリックしてね。
ペットブログランキング

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

落ちていた仔猫

こんばんは~手書き風シリーズ星

さて。
昨日の記事に書きましたように、今日から我が家の愛猫との出会いを
綴っていきたいと思います勉強
よろしければご感想などお気軽にコメントくださいね~

遡ること約7年半。2002年の2月風
出勤途中の近所の団地の中庭(?)の木の根元に「落ちている」仔猫を見つけました。

なんて言うのか・・・。
捨てられているという哀れさや貧相さは無く、ひとりで途方に暮れている気配も無く・・・。
やたらとキリッ猫星とした可愛らしい顔で、きちんと両手両足をそろえて姿勢正しく座る姿は
一瞬「なんで、こんなところにネコのぬいぐるみが落ちているんだろうjumee☆whyL!?」と
マジで錯覚しそうになる光景でした笑

当時の私の出勤スタイルは、一応ゆとりをもって家を出てはいるのですが、
頻発する電車電車の遅延などで、始業チャイムスレスレに駆け込むのが常でして~さとと-汗
少しでも時間を稼ぐ為、家から会社までの7割くらいを小走りに走っている感じでした走る
(あまりにも、いつも走っているので上司に「misatoさんは○○産業のチェ・ジウだね」と
嬉しいんだか嬉しくないんだか解らないあだ名をつけられたほどでした・・・アップロードファイル

あ、脱線しましたが手書き風シリーズ汗1、とにかく日頃ならわき目も振らずに走るべきところでしたが、
落ちていた仔猫のあまりの可愛さハートとオーラ猫絵文字名を入力してください(???)に、ついついしゃがみこみ
「なんで、こんなとこに落ちているの~?寒いのに大丈夫なの?」と話しかけてしまいました。
仔猫はニャーと甘えるわけでもなく、ただまっすぐに私の目を見返しました。

・・・多分・・・。
いまから思うに、あの時点ですでに私的には愛猫のとりこになっていたんでしょうねうふくり抜きハート1
その日はいつも以上に走りに走って会社に駆け込みましたが走るがっくり
あの可愛い仔猫が忘れられなくて、会社の昼休みにも話題にしたのを覚えています。

そして、その日から毎朝仔猫は同じ木の根元に落ちていました。いつも同じ姿勢で。
私はほんの少し家を出るのを早めて、仔猫との朝のご挨拶の時間を長くしました。

当時はまったく動物に対する知識も無く、家で動物を飼うなんて考えも無かった為
「おうち無いの?可哀想に・・・うるうる」なんて声もかけた気がします。
2月の寒空に仔猫がひとりで外にいることの大変さとか危険性を解っていなかったんですね反省
ただただ、ほんの5分程度の早朝デートにウキウキ♪しながら一週間ほど過ごしたある日。
突然、仔猫は姿を消しました号泣ガーン
時間をずらしてみたり、通勤経路を少しずつ変えてみながら探したけれど見つからず・・・。
(誰かにさらわれたのかな~?)(飢え死にしちゃったのかな?)etc。
なんとなく、私の中に後悔めいたものが残りました。

それから冬が終わり、春が過ぎ・・・草原
会えない日々はどんどん長くなりましたが、毎朝の出勤のたびに目が探してしまう。
ココロのどこかにあの仔猫猫が残っているような・・・。
そんな不思議な感覚のまま6月に突入しました。

・・・長くなってきたので、続きは次回に~~照れ笑い








テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

プロフィール

misato

Author:misato
はじめまして。
アニマルコミュニケーターのmisatoです。
アニマルコミュニケーションをご存知ですか?それは動物さんの想いを聞くこと。
ちょっぴり不思議で、奥深いステキな世界!
知っている方にも知らない方にもわかり易く
動物さんの想いや、一緒に暮らすうえでの小さなヒントなどをお伝えいたします。
このブログをご覧になった多くの飼い主様と
愛する動物さんが、より良い関係性を築く
きっかけを得ていただけたらさいわいです♪
★セッション詳細・お申込みは↓から…。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり
■埼玉県在住
■家族=夫&三毛の美猫アーニャ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
バナー各種
☆アニマルコミュニケーションHP
「ココロのひだまり」リンク用バナー
リンクお申込みの方はご一報下さい
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり
ランキング参加中!
ランキングに参加しています。
あなたのポチ!がなによりの励みです♪
ペットブログランキング
ポチッとね↓感謝します♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ポチッとね↓感謝します♪
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来てくれてありがとう♪
フリーエリア
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。